10年間の不妊症が半年で妊娠、無事出産できた

 長野県/39歳・女性・小学校教員/身長15cm・体重52kg

 27歳のときに結婚し、当初2年間は避妊していましたが、その後はなかなか妊娠しないので、近くの病院で検査を受けました。しかし、妊娠の機能的にはまったく問題はないと言われました。

 基礎体温のカーブも二層にきれいに出ており、排卵もきちっとありました。念のため夫のほうも検査してもらいましたが、夫にも異常はなく、自然妊娠ができる状態とのことでした。

 しばらくタイミング法を中心に不妊治療を続け、数回妊娠反応がありましたが、いずれも早期に自然妊娠してしまいました。子どもができないまま、結婚して10年が経っていました。仕事でのストレスも大変大きかったですし、夫の両親と二世帯で済んでおりましたので、両親からのプレッシャーも強く、とてもあせっていました。

そんなことで、とても情緒不安定になり、うつ状態になり、学校の仕事もできなくなり、半年間、仕事を休職することになってしまいました。うつ症状のほうは、カウンセリングを受けることでだんだんよくなってきました。

 休職中に、たまたま友から「不妊治療には光線療法が大変効果がある」という情報を聞きまして、早速上京して貴付属診療所(光線研究所付属診療所)を受診しました。

 貴所では、からだの冷えがとても強いことを指摘され、不妊症の人は冷えを治すことが大切で、そのためには光線療法が効果的であると伺いました。早速光線治療器を求め、次のような処方で光線照射を始めました。 治療用カーボンは3001-5000番を使用し、両足裏部⑦・両足首部①・両膝部②各10分間、腰部⑥(以上集光器使用せず)・左右下腹部㉓㉔・後頭部③(以上1号集光器使用)各5分間を照射しました。

 自宅で毎日朝晩2回、夫が熱心に光線照射を行ってくれました。そうした効果が表れて、早くも照射2ヵ月ほどで、からだの冷えはなくなり、体調もよくなってきたので、学校の仕事にも復帰することができました。

 そして、光線療法を始めて半年あまりで妊娠がわかり、夫婦して大喜びしました。以前に流産しているので、妊娠中もしっかり光線療法を続けました。光線療法をしているお陰で、妊娠中もとても順調で、39歳の高齢にもかかわらず、無事に3100gの男の子を出産いたしました。

 現在、息子は1歳2カ月になりますが、大変元気に育っております。結婚12年目にしてできた子どもが、本当に可愛いくて仕方ありません。光線療法には、本当に感謝して申し上げます。ありがとうございました。

(財)光線研究所「可視総合光線療法・治療報告と症例集」黒田一明著

kiichiro2
  • 大和市中央林間で鍼灸院・光線療法院をやってます。
    慢性疾患をよくするためには、
    自己のもつ治癒力を高めることが非常に重要です。
    このブログでは主に光線療法について、
    日光を浴びることの重要性について綴っていきます。

婦人科の病気子宮筋腫・卵巣のう腫・冷え症・高齢出産・更年期症状・月経前症候群・不妊症・前置胎盤・卵管癒着治療報告