子宮筋腫と卵巣のう腫が光線療法で縮小した

 東京都/29歳・女性・会社員

 2年前ごろから異常な倦怠感、下腹部の圧迫感、不眠、のぼせがあったのですが、そのときの病院検査では、とくに異常はありませんでした。その後、これらの症状が徐々にひどくなって仕事もできない状態になりました。

 半年前に婦人科で検査したところ、子宮筋腫、子宮内膜症により卵巣のう腫(チョコレートのう腫)と診断され、手術をすることを勧められました。でも、手術はしたくなかったので、何かほかによい治療法がないものかと探していました。そんなとき、両親が使っていた20年以上自宅にある光線治療器が婦人病によく効くと知り、早速光線照射を始めることにしました。

 治療用カーボンは3001-4008番を使用し、両足裏部⑦に5分間と陰部㉕に30分間照射しました。

 2ヵ月間ほど光線照射を行ったところ、だるさや下腹部の圧迫感も減って、体調もよくなりました。婦人科で検査を受けたところ卵巣のう腫は治っていると言われたため、油断して光線照射をやめてしまいました。

 しかし、その後の再検査で卵巣のう腫は7cm、子宮筋腫は5cmぐらいに増大していると診断されたのです。びっくりして、きちんと正しい光線照射を行ったほうがよいと思い、貴付属診療所(光線研究所付属診療所)を受診し、次の指示を受けて照射を再開しました。

 治療用カーボンは3001-4008番を使用し、両足裏部⑦(集光器使用せず)30分間、両膝部②・腰部⑥(以上集光器使用せず)各15分間照射、左右下腹部㉓㉔(1号集光器使用)各15分間照射、陰部㉕(2号集光器使用)15~30分間の照射をしました。

 貴所を受診し、光線照射を1ヵ月間継続したあと、婦人科でCT検査してみると、7cmあった卵巣のう腫が3cmに、子宮筋腫も5cmだったのが4cmに小さくなっていました。これには担当医も大変驚いて、しばらく手術する必要はなく、経過観察でよいということになりました。体調も大分回復しているので、完治に向け、今度は油断することなく光線照射を継続しています。

(財)光線研究所「可視総合光線療法・治療報告と症例集」黒田一明著

kiichiro2
  • 大和市中央林間で鍼灸院・光線療法院をやってます。
    慢性疾患をよくするためには、
    自己のもつ治癒力を高めることが非常に重要です。
    このブログでは主に光線療法について、
    日光を浴びることの重要性について綴っていきます。

婦人科の病気子宮筋腫・卵巣のう腫治療報告産婦人科系