腰の痛み・重だるさ、冷え症が改善した

 東京都/71歳女性・主婦

 昔から腰痛はありましたが、日常生活に困るほどの痛みではなかったので、とくに治療もせず、ずっとがまんしていました。

 しかし、3~4ヵ月前から痛みが強くなり、整形外科を受診したところ、「レントゲンで見ると腰の骨(腰椎)に変形があります」と言われました。痛み止めの注射を数回受けましたが、あまり効かないのでそのままにしていました。

 ひどい冷え症で、とくに膝下の冷えがありました。冷えは冬だけでなく、夏でもエアコンの風邪に当たると不調になるため、腰掛けが手放せません。夜は何度もトイレに起き、日中もしょっちゅうトイレに通っていました。お恥ずかしい話ですが、たもに尿をもらすこともあったので、できるだけ外出も控えていました。 

 知り合いが「冷え症や腰痛に、光線治療がよい」と話していたのを聞いて、私も試してみようと思い立ちました。貴付属診療所(光線研究所付属診療所)を受診し、家から比較的近いので、しばらくは通院することにしました。

貴所で光線治療を受けると、からだの芯から温まり、腰痛もやわらぐ気がしました。

 通院治療20日目ごろから、腰の重だるさは著しく軽くなり、足に冷えもやわらいで、年中ズボン下を2枚はいていたのが、ズボン下が邪魔に感じられるようになりました。私の経験を友だちに話したところ、ぜひ試したいと言われたので、いっしょに連れて行き、とても喜ばれました。 

 今後は、親戚や知り合いにも光線治療のすばらしさを伝えたいと思っています。本当にありがとうございました

◆光線治療

治療用カーボン:3001-4008番と3000-5000番を交互に使用。

照射部位・時間:両足裏部⑦・両足首部・両膝部②・腰部⑥・腰上部を各10分間照射、腹部⑤・後頭部③を各5分間照射。⑦①②⑥⑤は集光器使用せず、腰上部・③は1号集光器使用。

(財)光線研究所「可視総合光線療法・実践治療 報告集」黒田一明監修

kiichiro2
  • 大和市中央林間で鍼灸院・光線療法院をやってます。
    慢性疾患をよくするためには、
    自己のもつ治癒力を高めることが非常に重要です。
    このブログでは主に光線療法について、
    日光を浴びることの重要性について綴っていきます。

整形外科系治療報告腰の痛み骨・関節の病気