五十肩の痛み、しびれがほぼ改善した

 東京都/58歳・男性・会社員

 6ヵ月前から左肩が痛み始めて、腕を挙げるのがつらくなりました。寝るときにも痛みが出て、睡眠不足になりました。整形外科を受診すると「左肩の石灰化がひどく、五十肩です」と診断されました。病院でもらった痛み止めや湿布薬は効果がなく、痛み止めの注射も受けましたが、治療前より左腕が少し挙がるようになった程度で、思わしい効果はありませんでした。

 若いころ、清涼飲料水の営業で重い缶を長年運んで肩に負担をかけていたことや、最近はクーラーが効いた部屋で仕事をして肩を冷やしたことが、五十肩の原因ではないかと思います。

 そんな折、親戚の人から光線治療を勧められました。温めて治す治療と聞き、少しでも楽になればと期待して、貴付属診療所(光線研究所付属診療所)を受診しました。

 光線治療を受けると、とても体が温まり、1回の治療で、左腕の痛みがだいぶよくなった感じがしました。貴所に週1回くらい通って、しばらく様子をみることにしました。

 その後、通院して治療を続けると、左肩の痛みや動きがよくなり、左肩がだんだん挙がるようになって、右手だけで行っていた洗髪も両手でできるようになりました。2ヵ月くらいで痛みがほとんどとれ、肩の動きもよくなりました。

 先日、車を運転して温泉に行きました。いつもは長く運転すると、肩のこりが強くなってしびれてきたのですが、今回はこりもしびれもなく快適な旅行ができました。五十肩がつらいときには、旅行に行くなど考えられないことでした。

 貴所の測定では、初診時、左肩の前方挙上(前挙げ)の角度70度、側方挙上(横挙げ)65度、後方挙上(後挙げ)55度でした。しかし、5回目の光線治療後の測定では、前方挙上155度、側方挙上120度、後方挙上55とずいぶん改善しました。

◆光線治療 

 治療用カーボン:3002-4008番。

 照射部位・時間:両足裏部⑦・頚椎下部㉜・左肩部⑨を各10分間照射、両膝部②・腰部⑥・左右咽喉部④を各5分間照射。⑦②⑥は集光器使用せず、㉜⑨は1号集光器使用、④は2号集光器使用。

(財)光線研究所「可視総合光線療法・実践治療 報告集」黒田一明監修

kiichiro2
  • 大和市中央林間で鍼灸院・光線療法院をやってます。
    慢性疾患をよくするためには、
    自己のもつ治癒力を高めることが非常に重要です。
    このブログでは主に光線療法について、
    日光を浴びることの重要性について綴っていきます。

整形外科系治療報告肩こり・頸肩腕症候群・五十肩骨・関節の病気