電気ポットの熱湯によるやけどが早期に改善

【治験症例 3】

 やけど

 生後7ヵ月・男児

◆症状の経過

 電気ポットを倒し、熱湯で左下腹部から左大腿前面にかけてやけどを負った。皮膚科では軟膏を塗って包帯を巻き、しばらく様子を見るように言われた。10日ほど経っても、著しい改善がなく、当付属診療所(光線研究所付属診療所)を受診した。

◆光線治療

 治療用カーボンは3001-5000番を使用し、左下腹の患部(2号集光器を使用)・左大腿部前面の患部(1号集光器を使用)各10~15分間照射。通常の照射距離の2~3倍の距離から行った。

◆治療の経過

 自宅で光線治療を開始した。痛みとかゆみでよく泣いていたが、治療開始約1週間で症状が緩和したためか、気持ちよく治療を受けるようになった。

 治療時間はおもに、子どもが寝ているときに行うようにした。治療開始1ヵ月半で患部の腫れや皮膚の赤みも緩和した。併用していた病院治療も終了し、定期的な診察のみとなった。主治医が回復の速さに驚いていた。

(財)光線研究所「可視総合光線療法・治療報告と症例集」黒田一明著

中央林間うえだ鍼灸院

kiichiro2
  • 大和市中央林間で鍼灸院・光線療法院をやってます。
    慢性疾患をよくするためには、
    自己のもつ治癒力を高めることが非常に重要です。
    このブログでは主に光線療法について、
    日光を浴びることの重要性について綴っていきます。

湿疹・乾癬・やけど・円形脱毛症・シミ・白斑・皮膚のカサカサ症例皮膚の病気