足を引きずるほどの股関節の痛みが光線療法で改善

 東京都 69歳 男性 〇村 〇久様

 半年ほど前、日課の体操中に足の屈伸で左の股関節が痛いことに気付き、すぐ整形外科を受診しました。レントゲン撮影の結果、ドクターから「老化で変形が進んでいる。直ぐに手術という程ではないため、痛み止めで様子を見ましょう」と言われました。手術を免れ、ほっと胸をなでおろしましたが、帰り道では左足を引きずって力が入りづらい状態でした。これは一筋縄ではいかないと直感しましたが、今はドクターを信じて良くなることを期待し、趣味のゴルフも休み、早く治そうと決意しました。この日から3ヵ月ほど経っても歩く時の痛みに変わりはありませんでした。さらに夜仰向けで寝ている時にも左の腿から膝が痛くなってきて、一向に良くなる気配はみえませんでした。そんな時、母親が長らく愛用していた光線治療器がふと頭に浮かびました。物は試しにと貴付属診療所(光線研究所付属診療所)に足を運んでみることにしました。

 貴診療所での初めての光線治療は、治療器4台を使って治療するため、非常に身体が温まり、下半身の血行が波打ってくるが分かりました。翌朝、眼を覚ますと、家内が「いつも痛い痛いと言いながら寝ているのに、昨晩は一言も言わなかったわ、光線治療をすれば良くなるかもしれないから、頑張ってしばらく通院してみれば」と尻を叩かれました。そこで週2回ほど通院することにしました。

 すると、起床後の動き出しや立ち上がりの時などに痛みはあったものの、歩行時に足を引きずることがなくなってきました。痛みがあまり無いなら、歩いた方が良いと言われていたので筋力維持に散歩も行いました。

 光線を続けていると日増しに良くなるのが分かりました。2ヵ月後には、横向きで寝ている時の痛み少しきなりましたが歩行時の痛みは軽減されました。その後股関節の痛みが解消し、歩行時のバランスが取りやすくなりました。まだ動き出しに大腿部の痛みが気になりますが、光線で諦めかけていたゴルフ再開の道が見えてきました。

◆光線治療

 治療用カーボン3001-4008晩を使用、両足裏部⑦・両膝部②・腰部⑥・左右後大腿部・左股関節前部と後部(以上集光器使用せず)、照射時間は4台使用し両足裏部20分、その他は10分ずつ照射。

『光線研究 第632号』令和4年6月1日 一般社団法人 光線研究所発行

kiichiro2
  • 大和市中央林間で鍼灸院・光線療法院をやってます。
    慢性疾患をよくするためには、
    自己のもつ治癒力を高めることが非常に重要です。
    このブログでは主に光線療法について、
    日光を浴びることの重要性について綴っていきます。

整形外科系治療報告股関節の痛み・しびれ、下肢・足の痛み