すこやかな妊娠と出産をサポートする可視総合光線療法

一般財団法人 光線研究所 所長 医学博士・黒田一明 研究員 柿沼規之

 妊娠・出産は女性にとって、とても大変なことですが、出産年齢の高齢化が進む現代社会では、より大変だと実感している方が多いと思います。身体の諸機能が正常でなければ妊娠・出産を乗り越ええることは容易ではありません。可視総合光線療法は、身体にとって心地良い光と熱エネルギーを補給して、全身の血行状態を良好にし自律神経や内分泌のバランスを整えます。結果、妊娠しやすい身体づくり、安定した妊娠継続と出産をサポートし、母子ともに健康な状態を維持するのに大変有効な治療法となります。

 今回は妊娠、出産の症例報告とビタミンD関連文献を紹介します。

■晩婚化と晩産化

 わが国の合計特殊出生率(15~49歳までの女性1人が生涯に生む子供の数)は2020年に1.34人で5年連続で低下し、昨今の新型コロナ禍の影響で今後さらに低下の可能性が考えられます。女性の平均初婚年齢は1980年に25.2歳でしたが、2019年には29.6歳。そして出産時平均年齢も2003年に第2子が30.7歳でしたが2015年には第1子が30.7歳と12年間で1人分の差が生じており、晩婚化と晩産化が同時に進んでいます。

■プレコンセプションケア 

 近年、妊活前から男女ともに健康の維持・改善をしておく「プレコンセプションケア」という新しい概念が出てきました。コンセプション(Concepution)は受胎することをいいます。プレコンセプションケアは、女性やパートナーが将来の妊娠を考えながら健康になること、元気な赤ちゃんを受胎するチャンスを増やすこと、さらに将来の家族がより健康な生活を送れることを目指すことです。妊娠可能年齢のすべての女性にとりわけ大切なケアです。可視総合光線療法は、プレコンセプションケアを支援できる治療法のひとつになると考えます。

『光線研究 第632号』令和4年6月1日 一般社団法人 光線研究所発行

kiichiro2
  • 大和市中央林間で鍼灸院・光線療法院をやってます。
    慢性疾患をよくするためには、
    自己のもつ治癒力を高めることが非常に重要です。
    このブログでは主に光線療法について、
    日光を浴びることの重要性について綴っていきます。

体調の管理婦人科の病気子宮筋腫・卵巣のう腫・冷え症・高齢出産・更年期症状・月経前症候群・不妊症・前置胎盤・卵管癒着