左膝の痛みが軽快し、電車通勤に戻った

 東京都/64歳・女性・会社員

 5年くらい前から膝に痛みがあり、整体治療に通いながら、何とか過ごしてきた。 

 ところが先月、椅子から立ち上がるときに左膝を捻ってしまい、左膝に激痛が走りました。ひどい痛みで、歩くのが大変になりました。階段や坂道では、痛みが出ないように手すりを伝いながら、ゆっくり一段ずつしか降りられません。会社への通勤には、やむなくタクシーを利用しました。

 ひどい痛みは左膝の裏まで広がり、整体の治療でもよくなりません。このままでは、仕事は続けられなくなります。そんな折、従妹から光線治療を勧められ、早速、貴付属診療所(光線研究所付属診療所)を受診しました。

 貴所での光線治療では、膝裏に電気が走るような感じがありました。治療を受けた翌日には、左膝の痛みが少し軽く感じられました。

 光線治療5回で、階段や坂道はゆっくりなら、長く歩けるようになりました。しかし、長く歩いた日は夜に痛みが現れました。そのころ、膝の後ろ側にしこりができているのに気づきました。

 通院10回で、膝裏のしこりが小さくなり、膝を曲げても抵抗が少なくなりました。 

 電車での通勤ができるようになり、貴所(光線研究所付属診療所)の先生から勧められた筋力アップの運動も、毎日欠かさず行っています。

◆光線治療

治療用カーボン:3001-4008番。

照射部位・時間:両足裏部⑦・左膝前部・左膝後部を各10分間照射、両足首部①・両膝部②・腰部⑥を各5分間照射。⑦①②⑥は集光器使用せず、左膝前部・左膝後部は1号集光器使用。

(財)光線研究所「可視総合光線療法・実践治療 報告集」黒田一明監修

kiichiro2
  • 大和市中央林間で鍼灸院・光線療法院をやってます。
    慢性疾患をよくするためには、
    自己のもつ治癒力を高めることが非常に重要です。
    このブログでは主に光線療法について、
    日光を浴びることの重要性について綴っていきます。

整形外科系治療報告膝の痛み骨・関節の病気