頸部ヘルニアからの頸部痛が改善した

 東京都/65歳・女性・主婦

 30年以上前から、クラシックバレエを踊っています。数年ほど前、バレエで首を回すとき、頸部に痛みが出て、踊りの動きが悪くなってきました。その後も、週4回の練習を続けていましたが、半年ほど前に首に強い痛みが現れ、左腕にしびれを感じるようになりました。これではバレエが踊れません。整形外科では、頸椎ヘルニアと診断されました。この病気は治りにくいと言われ、鎮痛剤をもらいました。 

 悪いことは続くものです。掃除中にテーブルの角にお尻をぶつけて、歩くのがつらくなりました。寒い日は痛みが強くなり、バレエどころではなくなりました。私にとってバレエは生活の一部なので、しばらく休まなければならないと思うと、本当にさびしくなりました。

 そのようなとき、久しぶりに会った友人に勧められ、貴付属診療所(光線研究所付属診療所)を受診しました。

 家から割合近いので、週1回通院することにしました。お尻の痛みは1回の治療で治りました。うれしいというよりはビックリで、歩いて痛まないことのほうが不思議でした。昔のひどい痛みも、2回の光線治療で若干やわらいだ気がしました。その後、首の痛みは、徐々に気にならなくなってきたので、大好きなバレエも再開しました。

 光線治療4週間後には、病院でもらった鎮痛剤の使用も中止しました。左腕にあったしびれはいつとはなく消えて、からだの調子も順調で、毎日楽しくバレエを踊っています。これほど早く痛みがなくなるとは考えもしませんでした。

 友人と貴所には、心から感謝しています。

◆光線治療

治療用カーボン:3001-4008番。

照射部位・時間:両足裏部⑦・左臀部⑭(患部)・左右頸部を各10分間照射、両足首部①・両膝部②・腹部⑤・腰部⑥・頚椎下部㉜を各5分間照射。⑦①②⑥集光器使用せず、⑭・左右頸部・㉜は1号集光器使用。

(財)光線研究所「可視総合光線療法・実践報告集」黒田一明監修

kiichiro2
  • 大和市中央林間で鍼灸院・光線療法院をやってます。
    慢性疾患をよくするためには、
    自己のもつ治癒力を高めることが非常に重要です。
    このブログでは主に光線療法について、
    日光を浴びることの重要性について綴っていきます。

整形外科系治療報告頚部の痛み・しびれ骨・関節の病気