症状の重い頸椎症がみごとに改善した

 東京都/59歳・男性・会社員

 映画製作の仕事をしています。ロケ地に行くときに重い荷物をもつことが多く、また原稿を書くことも多いので、どうしても利き腕(右手)を酷使することになります。右手にしびれを感じるのそのせいだと、とくに気に留めずににいました。 

 その後も忙しさから、病院には行かずにいましたが、3~4ヵ月前から右腕に強い痛みが出てきました。徐々に握力も低下して、文字が書きづらくなり、原稿を書くのも困難になりました。

 洗面や入浴は右腕をあまり動かせないので、軽く洗う程度で、外出時に電車の吊革もつかむこともできない状態でした。

 整形外科では、頸椎の5番に神経の圧迫があり、これが右腕のしびれや痛みの原因ですと言われ、頸椎症と診断されました。

 1ヵ月半ほど通院して、電気治療などを受けましたが著しい効果はありませんでした。こんな状態のとき、久しぶりに会った友だちから光線療法のことを聞きました。とにかく体験してみようと思い、貴付属診療所(光線研究所付属診療所)を受診しました。

 気持ちよく治療を受けられたので、自宅でも続けるために、光線治療器を求めました。仕事が忙しかったので、ときどき貴所へ通院することにしました。治療器が届いてからは毎日照射を行い、日々症状が軽くなるのがよくわかりました。

 右腕のしびれが若干残っているので、元通りとは言えませんが、字を書くことや荷物を持つことはできるようになりました。しびれや痛みで生活に支障をきたすほどの頚椎症が、わずか1ヵ月の光線照射で順調に回復したのです。さらなる回復を期待して、今後も毎日治療を続けて行きます。 

 また、湿疹や腰痛の治療などにも活用して、光線治療は日々の健康管理に役立っています。

◆光線治療 

治療用カーボン:1000-3002番。

照射部位・時間:両足裏部⑦・頚椎下部㉜・右上腕部・右前腕部・左右頚部をを各10分間照射。両膝部②・腰部⑥を各5分間照射。⑦・右上腕部・右前腕部・②⑥は集光器使用せず、㉜左右頸部は1号集光器使用。

(財)光線研究所「可視総合光線療法・実践治療 報告集」黒田一明監修

kiichiro2
  • 大和市中央林間で鍼灸院・光線療法院をやってます。
    慢性疾患をよくするためには、
    自己のもつ治癒力を高めることが非常に重要です。
    このブログでは主に光線療法について、
    日光を浴びることの重要性について綴っていきます。

整形外科系治療報告頚部の痛み・しびれ骨・関節の病気