卵巣ガン術後の左下肢リンパ浮腫が引く

【治験症例 10】

 卵巣ガン術後、下肢の浮腫

 58歳・女性・主婦/身長155cm・体重41kg

◆症状の経過

 3年前、不正出血があり、婦人科で検査の結果、卵巣ガンと診断された。卵巣の摘出手術を受けたものの、腸との癒着が強く、卵巣の腫瘍はとり切れなかった。その後、腹水も見られたので、ときどき腹水を抜いていた。

 1年前からは、左下肢に浮腫が現れた。とくに左足甲の腫れが強くなり、靴が履きづらく、歩行時に痛みがあった。腹水のために食欲がなく、体力低下が著しく、ほとんど一日中横になっている状態であった。

 病院の治療では改善がなかった。親戚の紹介で、当付属診療所(光線研究所付属診療所)を受診した。

◆光線治療 

 治療用カーボンは1000-4008番を使用し、両足裏部⑦・両足首部①・両膝部②(以上集光器使用せず)・左右下腹部㉓㉔各10分間、後頭部③(以上1号集光器使用)5分間照射。

◆治療の経過

 治療1週間で腹水が引き、食欲が出てきた。

 治療2週間で、完全に腹水がなくなった。病院も主治医に光線治療もことを話したところ、よい治療のようなので続けるように言われた。 

 約2ヵ月後、左下肢の浮腫がほとんど引き、左右3cm違っていた下肢周囲径が、同じ太さになった。ガン手術後の経過も順調で、6kg減っていた体重が元に戻った。

(財)光線研究所「可視総合光線療法・治療報告と症例集」黒田一明著

kiichiro2
  • 大和市中央林間で鍼灸院・光線療法院をやってます。
    慢性疾患をよくするためには、
    自己のもつ治癒力を高めることが非常に重要です。
    このブログでは主に光線療法について、
    日光を浴びることの重要性について綴っていきます。

乳ガン・子宮ガン・卵巣ガン婦人科の病気産婦人科系症例