ネフローゼ症候群による症状が改善

【治験症例 4】

 ネフローゼ症候群

 65歳・女性・主婦

◆症状の経過

 64歳時に引いた風邪が治らず、3ヵ月後に尿の出が急に悪くなり、両下肢のむくみがひどくなった。

 病院を受診し、各種検査の結果、アミロイドーシス(「アミロイド」と呼ばれるタンパクが全身の臓器に沈着する疾患。難病に指定されている)によるネフローゼ症候群と診断された。

 2ヵ月間入院したが、退院後も尿の出が悪く、下肢のむくみがとれず、腹水もたまってきた。

 知人の紹介で当付属診療所(光線研究所付属診療所)を受診した。

◆光線治療器

 治療用カーボンは3002-5000番を使用し、両足裏部⑦・両足首部①・腓腹筋部㉙・背正中部㉘各10分間、腹部⑤・腰部⑥・後頭部③各5分間照射。⑦①②⑤⑥以上集光器使用せず、㉘③以上1号集光器使用。

◆治療の経過

 光線治療後に熟睡できるようになった。治療1ヵ月後には、階段も息切れしなくなり、移動に電車やバスを利用できるようになった(以前は常にタクシーを利用)。

 また、利尿剤服用で気分が悪く、食欲不振であったが、光線治療により気分の悪さがなくなり、食事がおいしくなった。治療3ヵ月後には尿尿が増え、下肢のむくみや腹水も軽減した。体力も回復し、人の流れに乗って無理なく歩けるようになった。

(財)光線研究所「可視総合光線療法・治療報告と症例集」黒田一明著

kiichiro2
  • 大和市中央林間で鍼灸院・光線療法院をやってます。
    慢性疾患をよくするためには、
    自己のもつ治癒力を高めることが非常に重要です。
    このブログでは主に光線療法について、
    日光を浴びることの重要性について綴っていきます。

泌尿器の病気症例腎臓疾患・排尿障害・膀胱疾患・尿管結石