10年来の重苦しい慢性胃炎が改善した

 千葉県/62歳・女性・主婦

 今年62歳になる主婦です。もともと体質的にいが弱かったのですが、50歳代に食べすぎを繰り返していたために胃炎を起こし、それが慢性化してしまいました。

 いつも、胃の存在感があって胃を意識してしまい、常に重苦しい感じがありました。また、食後2時間くらいはずっともたれて気分が悪く、精神的にもずっと滅入った状態が続いていました。病院で処方される薬もさっぱり効果がなく、途中でやめてしまいました。 

 同じころ、C型肝炎が判明しました。GOT、GPTの数値は70前後(基準値GOT:3~73、GPT:4~44)です。すぐに問題はないと言われましたが、このまま進行すれば肝臓ガンにもなる病気なので、とても心配でした。そんなこんなで、青白い顔で毎日憂うつな日々をすごすうちに、10年が経ってしまいました。

 そんなある日、友人から「光線療法というよい治療法があるよ」と言われ、ワラにもすがる気持ちで貴付属診療所(光線研究所付属診療所)を受診しました。受診時に次の光線照射を指導され、早速自宅で照射を始めました。 

 治療用カーボンは1000-3001番を使用し、両足裏部⑦・両膝部②各10分間、腹部⑤・腰部⑥各5分間(以上集光器使用せ)肝臓部㉗(2号集光器使用)背正中部㉘(1号集光器使用)各10分間、後頭部③(1号集光器使用)各5分間照射しました。

 光線照射をすると、からだがとても温まりました。

 2ヵ月もすると、胃の感じも以前よりも軽くなってきました。また、肝機能の数値がGOT、GPTとも50くらいに低下してきましたが、食後の胃もたれはなかなかとれませんでした。しかし、10年も悩んでいたのだからと、腹をくくって光線療法を続けるしかないと思い、またがんばって続けました。

 それから少しずつ食後のもたれる時間が短くなってきて、半年後には、ほぼ胃のもたれる感じがなくなりました。10年も悩んでいたのがまるで夢のようでした。

 10kg減った体重が2kgも増え、よく寝つけるようになり、浅かった睡眠も熟睡できるようになりました。肝機能もほぼ正常で安定していて、一安心です。

(財)光線研究所「可視総合光線療法・治療報告と症例集」黒田一明著

中央林間うえだ鍼灸院

kiichiro2
  • 大和市中央林間で鍼灸院・光線療法院をやってます。
    慢性疾患をよくするためには、
    自己のもつ治癒力を高めることが非常に重要です。
    このブログでは主に光線療法について、
    日光を浴びることの重要性について綴っていきます。

治療報告消化器系胃・食道の病気