右小脳の脳梗塞後遺症、左顔面のしびれが改善

【治験症例 1】

 脳梗塞後遺症

 68歳・男性・無職/身長170cm・体重63kg

◆症状の経過 

 それまではとくに持病もなく、定年退職後はのんびり暮らしていたが、68歳になった8月の暑い日、突然気分が悪くなって倒れた。すぐに病院に行き、CT検査の結果、右小脳の脳梗塞と診断された。

 脳梗塞の治療とその後のリハビリテーションのために2ヵ月半入院したが、左顔面のしびれと視覚障害なのどの後遺症が残り、歩行時のふらつきもあり、杖を使わないと歩けない状態であった。 

 長年、1日1箱半のタバコを吸っていたが、発症後はピタリと禁煙した。退院後、近所の人に光線療法を勧められ、当付属診療所(光線研究所付属診療所)を受診した。

◆光線治療

 治療用カーボン3002-5000番を使用し、両足裏部⑦10分間、両足首部①・両膝部②・腰部⑥(以上集光器使用せず)・後頭部③各5分間、左顔面部(以上1号集光器使用)10分間照射。

◆治療の経過

 自宅で光線治療を開始し、治療3ヵ月ほどで、左顔面のしびれはなくなった。歩行時のふらつきも減り、杖の補助も不要となり、階段の昇降も手摺につかまらずにできるようになった。

(財)光線研究所「可視総合光線療法・治療報告と症例集」黒田一明著

中央林間うえだ鍼灸院

kiichiro2
  • 大和市中央林間で鍼灸院・光線療法院をやってます。
    慢性疾患をよくするためには、
    自己のもつ治癒力を高めることが非常に重要です。
    このブログでは主に光線療法について、
    日光を浴びることの重要性について綴っていきます。

症例脳・脊髄・神経の病気脳梗塞・脳出血(後遺症)・もやもや病