足のしびれ、こむら返りが改善

【治験症例 8】

 糖尿病、こむらがえり

 64歳・女性・看護師/身長150cm・体重50kg

 ◆症状の経過

 10年来の糖尿病で、服薬・食事・運動療法をしっかり行っていたが、HbA1cが10%以上あって、インスリン注射を勧められていた。口渇や足のしびれも見られ、就寝中ふくらはぎにこむら返りを起こすことも多かった。

 以前から光線治療器は持っていたが、これまで看護師の仕事が忙しくて使っていなかった。今回、病院の退職を機に、光線治療を再開することにした。そこで、当付属診療所(光線研究所付属診療所)にも相談して、次のように治療を始めた。

◆光線治療

 3001-4008番の治療用カーボンを使用し、両足裏部⑦・腓腹筋部㉙・両足首部①・背正中部㉘各10分間、両膝部②・腹部⑤・腰部⑥・後頭部③各5分間照射。⑦㉙①②⑤⑥以上集光器使用せず、㉘③以上1号集光器使用。

◆治療の経過

 光線治療の再開によって、強い足の冷えが徐々に改善して、2~3ヵ月間で足のしびれやこむら返りはまったく起こらなくなった。

 現在、光線治療を再開して5年経つが、糖尿病はインスリンを使用せずにすんでおり、HbA1cは6%(6.5%以上が糖尿病を疑う目安)前後で安定している。

※HbA1c:ヘモグロビン・エーワンシーの略。血糖マーカーとも呼ばれ、血液中を流れるブドウ糖の濃度。過去1~1.5か月の平均血糖値を反映している。糖尿病を著す目安で、5.8%以下が基準値とされている。

(財)光線研究所「可視総合光線療法・治療報告と症例集」黒田一明著

中央林間うえだ鍼灸院

kiichiro2
  • 大和市中央林間で鍼灸院・光線療法院をやってます。
    慢性疾患をよくするためには、
    自己のもつ治癒力を高めることが非常に重要です。
    このブログでは主に光線療法について、
    日光を浴びることの重要性について綴っていきます。

上肢と下肢の痛み・しびれ・腫れ整形外科系症例