手根管症候群の手のしびれが消退

【治験症例 2】

 手根管症候群

 63歳・女性・清掃員/身長151cm・体重57kg

◆症状の経過

 60歳前後から、仕事でよく手を使うせいか、左手指の第1指から第4指にかけてしびれが出てきた。その後、右手指もしびれてきた。

 近くの病院を受診したところ、手根管症候群と診断された。局所麻酔を受けたが効果がなく、あとは手術のみと言われたので、通院を中止した。

 63歳のとき、知人より光線療法のことを聞き、当付属診療所(光線研究所付属診療所)を受診した。

◆光線治療

 自宅で光線治療を始めた。手首にも痛みがあったが、治療1ヵ月ほどで軽減した。手指のしびれの方は、仕事の忙しさや寒さなどで強くなることもあったが、光線治療を続けていると、しびれはひどくならなかった。

 その後1年、2年目としだいにしびれは軽減し、治療3年目にはほとんど手指のしびれは消退した。

(財)光線研究所「可視総合光線療法・治療報告と症例集」黒田一明著

中央林間うえだ鍼灸院

kiichiro2
  • 大和市中央林間で鍼灸院・光線療法院をやってます。
    慢性疾患をよくするためには、
    自己のもつ治癒力を高めることが非常に重要です。
    このブログでは主に光線療法について、
    日光を浴びることの重要性について綴っていきます。

上肢と下肢の痛み・しびれ・腫れ整形外科系症例