老化現象と言われた膝の関節痛が改善した

 大阪府/69歳・男性・会社員

 2年前から左右の膝の関節痛でずっと悩まされていました。病院の整形外科の検査を受けたところ、「老化現象で仕方がありません」と言われました。痛みは季節に関係なく一年中あり、とくに冬の寒い日には症状が強くなり、歩行が困難でつらい思いをしていました。

 階段の昇り降りは手すりでやっと、立ち上がるときや座るときも何かにつかまらないとできません。しゃがむ姿勢の和式トイレもつらく、平らな道も休み休みゆっくり歩く状態でした。とくにひどいときは、じっとしていても痛みが起こることがありました。

 以前、皮膚病が光線療法でよくなったことがあったたので、膝にも効くと思い、貴付属診療所(光線研究所付属診療所)へ相談しました。

 治療用カーボンは3001-4008番を使用し、両足裏部⑦・両足裏部⑦・両膝部②・右膝部・左膝部を各10分間、腹部⑤・腰部⑥・後頭部③を各5分間照射しました。⑦①②⑤⑥は集光器使用せず、右膝部・左膝部・③は1号集光器を使用。

 光線照射1ヵ月後、安静時の膝痛はなくなり、椅子から立ち上がるのもスムーズになりました。

 照射2ヵ月後、ゆっくりなら手すりを使わず階段を昇れるようになり、起き上がり時や座るときも楽になりました。平らな道なら早歩きも可能となりました。

 照射3ヵ月後、坂道も楽に歩け、とくにつらかった階段の下りも手すりをつかまる必要がなくなりました。

 膝痛で苦しんでいるときは、正座ができるようになるなんて、まったく考えられませんでしたが、正座も10分でも20分でも座り続けることができるようになりました。

 これで完治したといってよいと思います。この機会に、ときどき行っていたウォーキングを筋力アップ訓練を兼ねて再開しました。

 貴所(光線研究所付属診療所)の先生に言われたように、急いで治そうとせず、焦らずゆっくりと継続するこtがよい結果を招いたと思います。これからも調子がよいときも油断せず、膝痛再発防止、糖尿病の進行予防、健康維持のために、光線療法を継続していくつもりです。 光線療法と貴所(光線研究所付属診療所)の先生には、心から感謝しています。

(財)光線研究所「可視総合光線療法・治療報告と症例集」黒田一明著

中央林間うえだ鍼灸院

kiichiro2
  • 大和市中央林間で鍼灸院・光線療法院をやってます。
    慢性疾患をよくするためには、
    自己のもつ治癒力を高めることが非常に重要です。
    このブログでは主に光線療法について、
    日光を浴びることの重要性について綴っていきます。

整形外科系治療報告膝の痛み骨・関節の病気