慢性膵炎が完治した

長野県高遠町/80歳/女性

 数年前に背中の痛みと胃の重圧感が起こり、病院で検査を受け慢性膵炎と診断されました。一時膵臓ガンの心配もして自律神経失調症になり、不眠症の状態もあり貴診療所(光線研究所付属診療所)に相談しました。

 光線治療は1000-4008番の治療用カーボンをで両足裏部、両膝部、腰部、上腹部、肩甲骨間部各10分間、背正中部15分間、後頭部、左右咽喉部各5分間、前額部3分間。後頭部と左右咽喉部は1日おき交互に治療しました。治療により腹や背中もだんだん楽になり、よく眠れるようになってきました。その後、大学病院で精密検査を受けたところ、症状は全くなくなりました。病院のCT検査の結果では、異常なく完治しているとのことでした。

(財)光線研究所「可視総合光線療法・理論と治験」黒田一明著

中央林間うえだ鍼灸院

kiichiro2
  • 大和市中央林間で鍼灸院・光線療法院をやってます。
    慢性疾患をよくするためには、
    自己のもつ治癒力を高めることが非常に重要です。
    このブログでは主に光線療法について、
    日光を浴びることの重要性について綴っていきます。

治療報告肝炎・肝硬変・肝臓ガン・膵炎・膵臓ガン・胆石・胆のう炎・胆のうガン・胆のうポリープ肝臓・膵臓・胆のう・胆道の病気