眼疾患への光線療法

眼に光線を照射することには、ある種の抵抗感があります。これは、太陽光を直視し続けることができないといった経験的な事実から、眼に直接光線をあてることでなんらかの障害が発生するのではないかという不安があるからでしょう。実際、紫外線によって角膜や結膜に炎症が生じることがあるのは、よく知られている事実です。

しかし、紫外線はその波長特性から皮膚への浸透率はたいへん小さく、皮下0.5mmまでしか浸透しません。したがって、眼に光線を照射するときにまぶたを軽く閉じているだけで、眼球には全く弊害はありません。

また、可視総合光線には有害な紫外線が含まれていませんし、太陽光線に比べても紫外線量はわずかですから、安心して治療を行うことができます。

●眼疾患に有効に作用する光線

紫外線は皮膚への浸透率が小さいために眼を閉じていれば角膜や網膜に害を及ぼすことはありません。つまり、眼に有効に作用することもないということです。

 では、眼に有効に作用するのは、どんな光線なのでしょうか。

 実は、眼に有効に作用するのは、透過性にすぐれている可視線と赤外線(短波長の赤外線)なのです。これらの光線は、紫外線とは全く性質が異なり、眼に対する弊害はありません。浸透率が大きいこれらの可視線と赤外線は、角膜、眼房、水晶体、硝子体を通過して、眼のいちばん奥にある網膜に到達して作用します。

(財)光線研究所「可視総合光線療法・理論と治験」黒田一明著

中央林間うえだ鍼灸院

kiichiro2
  • 大和市中央林間で鍼灸院・光線療法院をやってます。
    慢性疾患をよくするためには、
    自己のもつ治癒力を高めることが非常に重要です。
    このブログでは主に光線療法について、
    日光を浴びることの重要性について綴っていきます。

光線療法眼の病気