利尿作用

可視総合光線は新陳代謝を活発にして、皮下で光産生物質の生成を促し腎機能を高めます。特に利尿に作用します。これにより浮腫の軽減や、痛風への治療(尿酸の尿中への排出)効果が期待できます。

※浮腫みには、先進性のものとして、心性、腎性、肝性、内分泌性など、局所性としては、静脈疾患、リンパ管疾患などによるものがあり、治療においては、原疾患を念頭におかなくてはなりません。

中央林間うえだ鍼灸院

kiichiro2
  • 大和市中央林間で鍼灸院・光線療法院をやってます。
    慢性疾患をよくするためには、
    自己のもつ治癒力を高めることが非常に重要です。
    このブログでは主に光線療法について、
    日光を浴びることの重要性について綴っていきます。

光線の作用