肩こり 3

【治験例 4】

■肩こり・咳

◆58歳/女性/主婦(身長158㎝、体重48㎏)

◆症状の経過:数カ月前より肩こりを自覚するようになった。やがて呼吸が苦しくなり咳き込むようになった。左肩背部痛もあった。

◆光線治療:3001-4008番の治療用カーボンを使用し、両足裏部、両膝部、肩甲間部、頚椎下部、後頭部、左肩甲間部各10分間照射。

◆治療経過:通院2回目の治療で呼吸が楽になり、左肩背部の痛みが軽減した。4回の治療で肩こりが軽減、咳もほぼ消失した。6回の治療で肩こり、左肩背部痛が消失し、呼吸がとても楽になった。

【治験例 5】

■右肩こり

◆53歳/女性/会社員(150㎝、体重50㎏)

症状の経過:若い頃から肩こりがあった。経理の仕事をしているため、月末になると仕事が忙しくなり症状が強くなっていた。特に右肩周辺は鉄板が入っているような重苦しさで、頭痛や吐き気を感じることもしばしばあった。3年前より左乳腺症(直径4㎝)もあり経過観察中であった。

◆光線治療:1000-3001番の治療用カーボンを使用し、両足裏部10分間、両膝部、腹部、腰部各5分間、右肩部、頚椎下部、左乳部10分間照射。

◆治療経過:週2回通院治療を行った。光線治療のたびに肩が軽くなり、頭痛や吐き気を感じなくなった。治療開始4週間後には血行状態が良好となり肩だけでなく、頚から背中全体まですっきりし、体が軽くなった。乳腺症のsこりも小さくなり、やわらかくなった。

(財)光線研究所「(可視総合光線療法、理論と治験)黒田一明」

肩こりを忘れたい

太極拳で肩こりを解消する「沈肩垂肘」

胃腸の調子が悪いときに現れるコリ

中央林間うえだ鍼灸院

kiichiro2
  • 大和市中央林間で鍼灸院・光線療法院をやってます。
    慢性疾患をよくするためには、
    自己のもつ治癒力を高めることが非常に重要です。
    このブログでは主に光線療法について、
    日光を浴びることの重要性について綴っていきます。

整形外科系症例

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です