口が開けられないあごの激痛が1ヵ月で消えた

 富山県/75歳・女性・主婦

 10年前、膝痛を光線療法で治して以来、ほとんど毎日光線治療器を使わせていただいております。

 さて、半年ほど前、総入れ歯の奥左側、親知らずのところが上下のあごとも痛みを感じるようになりました。しかし、そのときは風邪を引いていたので、そのせいだろうと思って気にもかけていませんでした。

 ところが、3ヵ月前から、痛みがはげしくなり、口が開けられなくなりました。食べ物はすべて1cm角に小さく切って、口を大きく開けずに食べなくてはなりませんでした。頭の左半分と左肩まで激痛を感じるようになり、夜も満足に眠れなくなってしまいました。

 総合病院の口腔外科、耳鼻科、脳神経科など6カ所で、いろいろ検査を受けました。しかし、どこの病院でも異常がわからず、年のせいとか気のせいと言われ、まったくとり合ってもらえません。こうなればもう、頼りは光線療法しかありません。早速、貴付属診療所(光線研究所付属診療所)に連絡して、自宅での照射法を教えていただきました。

 治療用カーボンは3001-4008番を使用し、両足裏部⑦10分間・両膝部②5分間(以上集光器使用せず)、後頭部③10分間(1号集光器使用)、左右咽喉部④(右5分間、左10分間)・左耳下腺部㉚10分間(以上2号集光器使用)照射するよう言われました。さらに自分の判断で、口中部⑧20分間(3号集光器使用)照射も追加して行いました。

 光線照射2週間で、口が開けられるようになり、食事が普通にできるようになりました。

 照射1ヵ月後には、痛みはほとんど治まり、ブヨブヨだった歯茎も引き締まってきました。総合病院の先生からは、「絶対に治らないから、一生この痛みと付き合っていくように」と言われ、一時はとても落ち込みましたが、光線療法によって痛みとわかれることができました。光線療法とは、一生のお付き合いをしたいと思っております。これからもよろしくお願いいたします。

(財)光線研究所「可視総合光線療法・治療報告と症例集」黒田一明著

kiichiro2
  • 大和市中央林間で鍼灸院・光線療法院をやってます。
    慢性疾患をよくするためには、
    自己のもつ治癒力を高めることが非常に重要です。
    このブログでは主に光線療法について、
    日光を浴びることの重要性について綴っていきます。

歯・口腔の病気歯槽膿漏(歯周病)・抜歯後の腫れ・顎関節症・舌ガン治療報告