インターフェロン副作用によるうつ病が改善した

 東京都/40歳・男性・カメラマン

 普段から多少疲れやすい感じはありましたが、健診でもとくに異常がなく、そのまま仕事をしていました。しかし、輸血の経験はないのに、30歳時にC型肝炎と診断されました。肝機能の数値は悪くなかったので、その後定期検査のみで様子を見ていました。

 ところが、ウイルスの量がだんだん増えてきました。このままだと、あと5年くらいで肝硬変になると言われ、インターフェロン治療を勧められましした。37歳のとき、半年間のインターフェロン治療を受けました。インターフェロンが効いて、ウイルスは陰性となったのですが、残念ながら副作用でうつ病になってしまいました。

 頭がボーっとして、外出や人に会うことが、大変不安になりました。仕事もできる状態ではなく、ほとんど家に閉じこもることが多くなりました。抗うつ剤を1日3回服用していましたが、あまり効果はありませんでした。

 そんな折、母が使っていた光線療法を思い出しました。私もときどき使っていたのですが、すっかり忘れていました。早速、貴付属診療所(光線研究所付属診療所)を受診したところ、うつ病にも効果があるとのことで、自宅での光線照射を始めました。

 治療用カーボンは1000-3001番を使用し、両足裏部⑦10分間、両膝部②・腰部⑥各5分間、肝臓部⑮1・背正中部㉘各10分間、後頭部③5分間、前額部⑮10分間照射しました。⑦②⑥以上集光器使用せず、㉘③以上1号集光器使用、㉗⑮以上2号集光器を使用しました。

 自宅で毎日照射し、貴所(光線研究所付属診療所)にも週1回通院しました。

 光線照射を始めてから、よく眠れるようになり、不安感も少しずつ軽くなってきました。照射1カ月ほどで外出も苦痛でなくなり、低下していた体力も回復してきました。

 照射2ヵ月で不安感はほとんどなくなり、仕事も徐々こなせるようになりました。抗うつ剤も少しずつ減らし、半年後には、服用を中止することができました。

 C型肝炎ウィルスはその後も陰性で、肝機能の数値も正常となり、病院で完治と言われました。うつ病もC型肝炎も治りましたが、日ごろの疲労回復、健康維持のために光線療法は続けています。

 うつ病で仕事も手につかず、一時はどうなることかと思いました。光線療法のお陰で、仕事も元通り元気にできるようになり、とても感謝しています。

(財)光線研究所「可視総合光線療法・治療報告と症例集」黒田一明著

kiichiro2
  • 大和市中央林間で鍼灸院・光線療法院をやってます。
    慢性疾患をよくするためには、
    自己のもつ治癒力を高めることが非常に重要です。
    このブログでは主に光線療法について、
    日光を浴びることの重要性について綴っていきます。

治療報告肝炎・肝硬変・肝臓ガン・膵炎・膵臓ガン・胆石・胆のう炎・胆のうガン・胆のうポリープ肝臓・膵臓・胆のう・胆道の病気