腹痛と下痢に悩んだ過敏性腸症候群が軽快

【治験症例 1】

 過敏性腸症候群

 74歳・女性・主婦

◆症状の経過

 若いころから疲労の重なりや、ストレスの蓄積があると、すぐに腹痛が起こり、下痢をすることが多かった。病院では胃や腸の検査も受けたが、いつも異常なし。医師には「お腹のことは、あまり気にしないように」と言われた。消化剤や下痢止めを服用すると、かえって食欲が減退し、むかつき感が現れる過敏性腸症候群の症状であった。知人の紹介で当付属診療所(光線研究所付属診療所)を受診した。

◆光線治療

 治療用カーボンは3002-4008番を使用し、両足裏部⑦・両膝部②・腹部⑤・腰部⑥(以上集光器使用せず)各10分間、背正中部㉘・後頭部③(以上1号集光器使用)各5分間照射。

◆治療経過

 治療開始直後から、食後のもたれ感がなくなり、食事がおいしくなってきた。治療開始1週間目から、腹痛がなくなってきた。同時に下痢が治まり、便も固まってきた。

 治療開始3週間目には、まったく正常な排便となった。足の冷えもとれ、床に就くとすぐに眠れるようになった。睡眠も深くなり、夜間の排尿で1回は目覚めるが、その後は朝までぐっすり熟睡できるようになった。

(財)光線研究所「可視総合光線療法・治療報告と症例集」黒田一明著

中央林間うえだ鍼灸院

kiichiro2
  • 大和市中央林間で鍼灸院・光線療法院をやってます。
    慢性疾患をよくするためには、
    自己のもつ治癒力を高めることが非常に重要です。
    このブログでは主に光線療法について、
    日光を浴びることの重要性について綴っていきます。

大腸・肛門の病気症例虫垂炎・大腸炎・下痢・便秘・痔