胃ガン全摘出後も骨密度の数値が良好

【治験症例 9】

 胃ガン術後/69歳・女性・主婦/体重47kg

◆症状の経過

 46歳時、子宮筋腫が見つかったが、半年間の光線治療で完治した。60歳時、腰部脊柱管狭窄症のため手術を受けた。63歳時には、胃ガンのため胃を全摘する手術を受けた。術後は体重が36kgまで減少したため、光線治療を毎日継続した。69歳になって、卵巣腫瘍、右下肢のしびれや痛みのため当付属診療所(光線研究所付属診療所)を受診した。

 いの全摘手術を受けると、一般的に骨代謝障害により骨密度は低下するが、光線治療を継続していたため、受診時に当所で測定した患者の骨密度は正常値であった。

 現在は、足の冷え、右下肢のしびれや痛みに対して、治療用カーボン1000-3001番を使用し、両足裏部⑦・両膝部②・腓腹筋部㉙・後大腿部㉚・腰部⑥(以上集光器使用せず)・左右下腹部㉓㉔・背正中部㉘(以上1号集光器使用)・上腹部⑪(2号集光器使用)各5~10分間の照射を続けている。現在、体重は47kgまで回復した。

(財)光線研究所「可視総合光線療法・治療報告と症例集」黒田一明著

中央林間うえだ鍼灸院

kiichiro2
  • 大和市中央林間で鍼灸院・光線療法院をやってます。
    慢性疾患をよくするためには、
    自己のもつ治癒力を高めることが非常に重要です。
    このブログでは主に光線療法について、
    日光を浴びることの重要性について綴っていきます。

症例胃・食道の病気胃炎・胃、十二指腸潰瘍・胃ガン・胃下垂・胃アトニー・食道炎・食道ガン