足腰の痛みは睡眠や心理的に影響

 からだの自由は、私たちの尊厳を支える大切な条件のひとつである。元気なときには気づかないのだが、腰痛、関節痛、背中の変形、足のしびれなどによって、からだを動かしにくくなると、想像以上に不便で苦痛なものである。

 また、痛みは睡眠障害や心理的健康面にも影響を及ぼし、とくに高齢者ではこのことが大きな問題となってくる。

 わが国において、1970年には65歳以上の人口は約740万人で総人口に占める割合(高齢化率)は7.1%であったが、2000年には2187万人で、高齢化率は17.1%に増加して、ここ30年間の急速な高齢化を示している。さらに2020年には、65歳以上の人口は3334万人、高齢化率は27%になると予想されている。

※2021年現在、65歳以上の人口は、3617万5千人で、総人口に占める割合は28.8%。

(財)光線研究所「可視総合光線療法・治療報告と症例集」黒田一明著

中央林間うえだ鍼灸院

kiichiro2
  • 大和市中央林間で鍼灸院・光線療法院をやってます。
    慢性疾患をよくするためには、
    自己のもつ治癒力を高めることが非常に重要です。
    このブログでは主に光線療法について、
    日光を浴びることの重要性について綴っていきます。

コラム整形外科系脊椎の病気腰の痛み高齢者