胃切除後の胆石発生と光線治療

 胃潰瘍や胃ガンなどで胃を切除すると、後遺症の一つとして胆石ができやすくなります。胃切除後の胆石の発生率は日本人の胆石保有率の約2倍と多く、また術後2年以内に形成されることが多いといわれます。胃切除後に胆石ができやすい理由として、胆嚢の収縮不良や胆道感染を起こしやすい、胆汁内のコレステロール成分の増加など指摘されます。

 胃の手術を受けた方や胃の手術を予定されている方にとって、光線治療は術後の体力回復だけでなく、胆石の発生なお術後の後遺症の予防にも広く応用できます。

(財)光線研究所「可視総合光線療法・理論と治験」黒田一明著

中央林間うえだ鍼灸院

kiichiro2
  • 大和市中央林間で鍼灸院・光線療法院をやってます。
    慢性疾患をよくするためには、
    自己のもつ治癒力を高めることが非常に重要です。
    このブログでは主に光線療法について、
    日光を浴びることの重要性について綴っていきます。

肝炎・肝硬変・肝臓ガン・膵炎・膵臓ガン・胆石・胆のう炎・胆のうガン・胆のうポリープ肝臓・膵臓・胆のう・胆道の病気