乳児頭大の子宮筋腫の回復が良好となる

 福井県/48歳・女性・主婦 

 昨年8月、お盆のころから生理が止まらなくなり、婦人科を受診したところ、ひどい貧血でヘモグロビン値(Hb)が5.2g/dlと基準値の半分以下かになっていました。貧血の原因は長年持っていた子宮筋腫のためでした。乳頭大以上に筋腫が大きくなっており、ヘモグロビン値が上がり次第手術することになりました。 

 また、2年ほど前から痔が悪化して脱肛になり、排便の後ジーンとした痛みがありました。光線療法は以前からときどき利用しておりましたが、今回予定される今回行われる手術の経過をよくしたいのと、痔の治療をしたかったので、貴付属診療所(光線研究所付属診療所)に相談し、次のような指導を受けました。 

 治療用カーボンは3001-4008番を使用し、両足裏部⑦10分間、両膝部②・腰部⑥(以上集光器使用せず)・左右下腹部㉓㉔(1号集光器使用)各5分間、肛門部㉑(2号集光器使用)10分間照射による術前光線照射を行い、一時的に出血が増えるようなときは、照射時間を減らしたり、㉓㉔㉑⑥部位の照射を一時控えたりして、様子を見ながら照射する。手術後は、傷痕に1号集光器を使用して、5~10分間追加照射する。

 貴所からの光線照射の処方に従って、3ヵ月ほど照射を続けました。その結果、ヘモグロビン値下がり、子宮筋腫の手術を受けることができました。手術前は筋腫でお腹がボコボコに腫れ上がっていました。

 摘出した子宮筋腫は1500gもあって驚きましたが、光線照射をしていたせいか、癒着もなく、輸血もせずに、思ったよりも早い時間(50分間)で手術がすみました。

 退院してからも、自宅で光線照射を続けました。病院の先生は、とても大きな筋腫の割には、癒着がなく、術後の回復がすごくよいことに驚いていました。手術の傷も光線をかけると、かゆみがなく、治りも早いようでした。痔のほうも、筋腫をとったら楽になってきたので、あとは光線照射を根気よく続けたいと思います。 

 手術後、右手のひらがピクピクと痙攣することがあったので、右手にも光線をかけてみたところ、だいぶその回数が減ってきました。大きな子宮筋腫の手術でしたが、光線療法のお陰で手術も軽くすみ、手術後の経過も大変良好で、とても感謝しています。

(財)光線研究所「可視総合光線療法・治療報告と症例集」黒田一明著

kiichiro2
  • 大和市中央林間で鍼灸院・光線療法院をやってます。
    慢性疾患をよくするためには、
    自己のもつ治癒力を高めることが非常に重要です。
    このブログでは主に光線療法について、
    日光を浴びることの重要性について綴っていきます。

婦人科の病気子宮筋腫・卵巣のう腫・冷え症・高齢出産・更年期症状・月経前症候群・不妊症・前置胎盤・卵管癒着治療報告