眼の疲れが改善し、両眼の視力が向上

【治験症例 2】

 眼精疲労

 55歳・女性・主婦/身長150cm・体重52kg

◆症状の経過

 50歳ごろから眼の疲れが強くなったが、眼科検査では老眼と乱視以外に、とくに異常はなかった、 

 メガネを替えてから眼の疲れのこともあるので、友人の紹介で当付属診療所(光線研究所付属診療所)を受診した。

◆光線治療 

 治療用カーボンは3001-5000番を使用し、両足裏部⑦・両足首部①・両膝部②・肝臓部㉗各10分間、腹部⑤・腰部⑥・後頭部③・左右こめかみ部㊱㊲各5分間照射。⑦①②⑤⑥以上集光器使用せず、③1号集光器使用、㉗㊱㊲以上2号集光器使用。

◆治療の経過 

 自宅で毎日光線治療を行ったところ、治療1週間で足が温まり、睡眠が深くなり、便通もよくなった。 

 治療1ヵ月で、こめかみの痛みや眼の疲れが減った。何よりも足が温まること、肝臓部への光線照射が眼によいことなどがわかり。自身を持って治療を続けた。 

 治療2年後の現在、パートの仕事もこなせる体調になり、またいつの間にか、眼の乾く感じもなくなっていた。視力(眼鏡使用)は右眼が0.8から1.0に、左眼が0.8から1.2に改善した。

◆コメント

 眼の負担は身体に、身体の負担は眼に、相互に影響を与える眼精疲労には、いろいろな原因がある。しかし、原因が何であれ、眼と身体の血行不良・筋肉疲労であることから、可視総合光線療法による血行改善が最適な治療となる。眼や身体に明らかな疾患がある場合は、それに対する光線治療の継続が必要となる。

(財)光線研究所「可視総合光線療法・治療報告と症例集」黒田一明著

kiichiro2
  • 大和市中央林間で鍼灸院・光線療法院をやってます。
    慢性疾患をよくするためには、
    自己のもつ治癒力を高めることが非常に重要です。
    このブログでは主に光線療法について、
    日光を浴びることの重要性について綴っていきます。

ドライアイ・視力障害症例眼の病気眼科系