鼻詰まり、後鼻漏、のどのイガイガが改善 

【治験症例 5】

 副鼻腔炎/55歳・女性・主婦

◆症状の経過

 若いころから副鼻腔炎があり、20歳ごろ一時治療を受けていたが、その後はとくに症状が出なかった。

 53歳ごろから、鼻詰まり、後鼻漏、咳、痰が多くなった。耳鼻科では副鼻腔炎の診断で、通院治療を受けていたがよくならず、親戚の紹介で当付属診療所(光線研究所付属診療所)を受診した。

◆光線治療

 治療用カーボンは3001-4008番を使用し、両足裏部⑦・両足首部①・両膝部②各10分、腹部⑤(以上集光器使用せず)・後頭部③各5分間、鼻部⑯(以上1号集光器使用)10分間照射。

◆治療の経過

 自宅で光線治療を行った。元来体力がなく、冷え症で食は細く、体重は40~43kg前後であった。光線治療により足が温まって、よく眠れるようになった。

 治療3ヵ月前後から、足の冷えがかなり楽になり、鼻詰まりや後鼻漏が減ってきた。治療半年後、咳や痰が減り、のどのイガイガ感も減った。

 治療2年後の現在では、口呼吸にならないよう、鼻呼吸に心がけながら、光線治療は続けている。

(財)光線研究所「可視総合光線療法・治療報告と症例集」黒田一明著

kiichiro2
  • 大和市中央林間で鍼灸院・光線療法院をやってます。
    慢性疾患をよくするためには、
    自己のもつ治癒力を高めることが非常に重要です。
    このブログでは主に光線療法について、
    日光を浴びることの重要性について綴っていきます。

アレルギー性鼻炎・花粉症・副鼻腔炎・嗅覚障害症例耳・鼻・のどの病気