禁酒と脂肪分の制限を受けた慢性膵炎が改善 

 東京/58歳・男性・会社員

 12年ほど前のことです。急に左腹部に激痛が起こり、嘔吐と下痢が止まらず、救急車で病院に運ばれ、そのまま2ヵ月間入院しました。それまでも、食後の腹痛はありましたが、下痢をすることまではありませんでした。

 病院では慢性膵炎と診断され、担当医からは禁酒と脂肪分の摂取を制限するようにきつく言われ、退院となりました。昔から酒は大好きで、仕事柄から酒席も多かったので、ほとんど毎日飲んでいました。

 また、肉もよく食べていたので、これはえらいことになったと思いました。入院したときの苦しさを思い出しながら、退院後は極力節制していました。

 そのころ、知人が光線療法を教えてくれたので、早速、貴付属診療所(光線研究所付属診療所)を受診しました。光線照射は初めてでしたが、何となく効果がありそうな気がしたので、早速治療器を用意して、自宅で光線照射を行うことにしました。

 貴所で診察を受けたとき、「慢性膵炎は経過の長い病気です。コントロールをしっかり行わないと糖尿病になって、もっと大変なことになります」と先生からアドバイスがあり、それを肝に銘じて光線照射を続けました。

 治療用カーボンは3001-4008番を使用し、両足裏部⑦10分間、両膝部②・腹部⑤・腰部⑤(以上集光器使用せず)各5分間、背正中部㉘10分間、後頭部③(以上1号集光器使用)5分間照射を行いました。

 睡眠不足や疲労ぎみのときには腹痛が起こるときもあり、まれには薬を飲むこともありましたが、お陰さまで 入院という事態に陥ることはありませんでした。

 光線療法を始めて12年になりますが、いまでは体調もよく、健康診断でも悪いところなしと言われています。

(財)光線研究所「可視総合光線療法・治療報告と症例集」黒田一明著

   

kiichiro2
  • 大和市中央林間で鍼灸院・光線療法院をやってます。
    慢性疾患をよくするためには、
    自己のもつ治癒力を高めることが非常に重要です。
    このブログでは主に光線療法について、
    日光を浴びることの重要性について綴っていきます。

治療報告肝炎・肝硬変・肝臓ガン・膵炎・膵臓ガン・胆石・胆のう炎・胆のうガン・胆のうポリープ肝臓・膵臓・胆のう・胆道の病気