肝機能が改善し、C型肝炎が消滅した

 東京都/52歳・女性・主婦

 私は52歳の主婦です。40歳時に光線療法を始めて以来、家族全員のみならず、友人にも光線療法を紹介して喜ばれています。自分でも体調不良がある光線照射をして、大変役立ててきました。

 今回は、私自身のC型肝炎の治療報告をします。

 昨年11月の健診で、肝機能の数値がGOT27IU/l・GPT49IU/l、γ-GTP228IU/l(女性の基準値範囲は0~45IU/l)と悪くなっていたので、くわしい検査をしたところC型肝炎と診断されました。

 過去に3回手術を受けていますが、一度も輸血していないので、感染原因に心当たりはありませんでした。病院では「いまのところ、とくに治療は必要ないでしょう。定期的に検査をして様子を見ましょう」と言われました。そういえば肝臓のせいだったのでしょうか、昨年より疲れやすく、話もできないほど疲れることもあり、手のひらも赤くなっていました。

 病院で治療しないのなら、せっかく自宅にある光線治療器を使ってみようと、指導書を読み込み、貴付属診療所(光線研究所付属診療所)にも相談して、次のように照射を始めました。

 治療用カーボンは1000-3001番を使用し、両足裏部⑦10分間、両膝部②・腹部⑤・腰部⑥(以上集光器使用せず)各5分間、肝臓部㉗(2号集光器使用)10分間、背正中部㉘10分間、後頭部③(以上1号集光器使用)5分間照射しました。

 光線照射を始めてから、徐々に疲れがとれて、手のひらの赤みも薄くなってきました。約2カ月照射を続けたあたりから、からだの調子がよくなり、無理なく動けるようになりました。肝機能の数値も徐々に下がり、ちょうど半年たったときの検査では正常範囲に戻り、何と「ウイルスも検出せず!」の診断を受けました。

 たとえ光線療法でも、一般的にはウイルスのはむずかしいと聞いていたので、肝機能がよくなったうえに、ウイルスまでいなくなったことは、大変な驚きでした。

(財)光線研究所「可視総合光線療法・治療報告と症例集」黒田一明著

kiichiro2
  • 大和市中央林間で鍼灸院・光線療法院をやってます。
    慢性疾患をよくするためには、
    自己のもつ治癒力を高めることが非常に重要です。
    このブログでは主に光線療法について、
    日光を浴びることの重要性について綴っていきます。

治療報告肝炎・肝硬変・肝臓ガン・膵炎・膵臓ガン・胆石・胆のう炎・胆のうガン・胆のうポリープ肝臓・膵臓・胆のう・胆道の病気