一回の治療でみぞおちの痛みが解消

【治験症例 2】

 急性胃炎

 20歳・男性・大学生

◆症状の経過

 20歳になって、念願のひとり暮らしを始めたが、暴飲暴食をしたあと、吐き気とともに心窩部(みぞおち)に差し込むような痛みが出現した。 

 光線治療器は以前から風邪のときなどに使用しており、今回もすぐに光線治療を行った。

◆光線治療

 治療用カーボンは3001-4008番を使用し、両足裏部⑦・両膝部②(以上集光器使用せず)は各5分間、背正中部㉘(1号集光器使用)は30分間照射。

◆治療の経過

 1回の光線治療で、患部の痛みがなくなった。食事も普通にとれるようになった。

(財)光線研究所「可視総合光線療法・治療報告と症例集」黒田一明著

中央林間うえだ鍼灸院

kiichiro2
  • 大和市中央林間で鍼灸院・光線療法院をやってます。
    慢性疾患をよくするためには、
    自己のもつ治癒力を高めることが非常に重要です。
    このブログでは主に光線療法について、
    日光を浴びることの重要性について綴っていきます。

症例胃・食道の病気胃炎・胃、十二指腸潰瘍・胃ガン・胃下垂・胃アトニー・食道炎・食道ガン