可視光線と近赤外線の働き

 太陽光には紫外線・可視光線・赤外線が含まれている。当付属診療所(光線研究所付属診療所)では、この連続スペクトルの中で、可視光線と波長の短い近赤外線が重要であると考えている。

 可視光線は赤血球(ヘモグロビン)や細胞内のミトコンドリアという小器官に吸収される。そして、可視光線を吸収した赤血球は酸素を運ぶ能力が高まるので、全身の細胞に酸素を充分に供給できるようになる。

 一方、可視光線を吸収したミトコンドリアでは、ATP(アデノシン三燐酸=クエン酸サイクル)回路をフル稼働させて、エネルギーを豊富に生成できるようになる。さらに可視光線の吸収には、熱エネルギーである近赤外線照射でからだを温めることが、別名「細胞の発電所」とも呼ばれるミトコンドリアの機能を高めるためにも必要である。

(財)光線研究所「可視総合光線療法・治療

中央林間うえだ鍼灸院

kiichiro2
  • 大和市中央林間で鍼灸院・光線療法院をやってます。
    慢性疾患をよくするためには、
    自己のもつ治癒力を高めることが非常に重要です。
    このブログでは主に光線療法について、
    日光を浴びることの重要性について綴っていきます。

コラム光線療法呼吸器の病気喘息・呼吸障害・肺炎