からだが温まり、喘息の息苦しさが改善

【治験症例 6】

 気管支喘息、肺気腫

 47歳・男性・自営業

◆症状の経過 

 患者は現在、工務店を経営している。3歳ごろから小児喘息があったが、中学生ごろには治まっていた。20歳時には蓄膿症の手術を受け、32歳時には肝臓病と十二指腸潰瘍で入院した。39歳ごろから足が冷えて喘息が再発し、背中が痛く、食欲がなくなった。47歳のとき、友人の紹介で当付属診療所(光線研究所付属診療所)を受診した。 

◆光線治療

 治療用カーボンあ3000-5000番を使用し、両足裏部⑦・両足首部①・両膝部②・肩甲骨間部⑫を各10分間、腹部⑤・腰部⑥・後頭部③を各5分間、左右咽喉部④を10分間照射。⑦①②⑤⑥は集光器使用せず、⑫③は1号集光器使用。④は2号集光器を使用。

◆治療の経過

 自宅で光線治療を行い、からだが温まり、よく眠れるようになった。喘息薬は続けて服用していたが、光線治療を始めてから発作が減り、背中痛は解消した。治療1年後、胃の不快感など自律神経系の乱れが減り、体重が3kg増えたので、その後は光線治療を中断していた。

 56歳のとき、過労から喘息が悪化、肺気腫の診断を受けた。思い切って禁煙し、光線照射を再開した。

 62歳の現在、光線治療の継続により、喘息の経過はよい。喘息薬の使用量も減らすことができ、好きなゴルフを楽しむことができる状態である。

(財)光線研究所「可視総合光線療法・治療報告と症例集」黒田一明著

中央林間うえだ鍼灸院

kiichiro2
  • 大和市中央林間で鍼灸院・光線療法院をやってます。
    慢性疾患をよくするためには、
    自己のもつ治癒力を高めることが非常に重要です。
    このブログでは主に光線療法について、
    日光を浴びることの重要性について綴っていきます。

呼吸器の病気喘息・慢性気管支炎・呼吸障害・肺炎症例