日照と血圧・心疾患の研究

 日照と血圧の関係は古くから指摘されており、最近の大規模な疫学研究では、血圧は赤道から遠くなるほど高くなり、高血圧になる人が増加することが明らかにされている。これは紫外線による皮膚でのビタミンD産生を反映しており、日照不足がビタミンD不足を招き、カルシウム代謝が異常になって、血圧を上げることを示している。

 日照と心疾患の関係も同様の研究がなされている。心筋梗塞の発症には冬に多いという季節変動があり、そのことは寒冷の要素も考えられる一方で、暖かい地域でも冬に心筋梗塞の発症が多い傾向にある。そのことから、寒冷の関与というよりは、日照時間低下によるビタミンD産生低下が関与していることが示唆されている。

(財)光線研究所「可視総合光線療法・治療報告と症例集」黒田一明著

中央林間うえだ鍼灸院

kiichiro2
  • 大和市中央林間で鍼灸院・光線療法院をやってます。
    慢性疾患をよくするためには、
    自己のもつ治癒力を高めることが非常に重要です。
    このブログでは主に光線療法について、
    日光を浴びることの重要性について綴っていきます。

コラムビタミンD心臓・血管・血液の病気狭心症・心筋梗塞・血行不良・その他の循環器の病気