心筋梗塞と不整脈が光線療法で改善した

 和歌山県/80歳・女性・会社役員

 いまから36年前、夫が50歳のとき、夫婦で事業を起こしましたが、すぐに夫は病に倒れ、それから10年間病床にいながら、私に適切なアドバイスをしてくれました。しかし、残念ながら夫は亡くなり、借金やら事業の無理がたたって、私も心筋梗塞で倒れてしまいました。そのとき、友人から光線療法を紹介され、すぐに貴付属診療所(光線研究所付属診療所)を受診し、光線治療器一式を求めて帰りました。

 それ以来25年間、毎日欠かさず光線療法のお世話になり、再発することもなく何とか元気にすごしています。その間、孫が東京芸大に入学しましたが、ピアノの弾きすぎで腱鞘炎になり、練習できなくなった時にも、数日間の光線療法でそれを回復させたことがありました。

 例年以上に暑かった夏の日、猛暑のためか8月中旬に不整脈を起こしました。だんだん脈が速くなり、3回に1回は脈が乱れるようになり、動悸や息苦しさでがまんできず病院へ駆け込みました。「血管造影検査や心筋シンチ検査(放射線医薬品を投与して、放射線の分布や変化を測定し患部の像を得る)をしなければ、薬を決められない」と言われ、安静を指示されて帰宅しました。

 しかし、帰宅後も息苦しさは増すばかりなので、治療用カーボン3000-5000番で集光器を使用せずに両足裏部⑦・両足首部①・両膝部②を中心に、午後1時より光線照射を始めました。光線を当ててもなかなか動悸は治まらず、心臓がパンクしそうでしたが、夜中の12時半ごろ、やっと治まり、脈も落ち着き、危機は脱出した感じがしました。半日も光線照射をしたのは初めての経験でしたが、今回もまた光線療法に命を助けていただきました。

 後日受けた血管造影検査や心筋シンチ検査の結果では、心臓はどこも悪いところはなく、おまけに25年前の心筋梗塞の跡もなくなっていました。主治医からは「あと10年は大丈夫」と太鼓判を押されました。

(財)光線研究所「可視総合光線療法・治療報告と症例集」黒田一明著

中央林間うえだ鍼灸院

kiichiro2
  • 大和市中央林間で鍼灸院・光線療法院をやってます。
    慢性疾患をよくするためには、
    自己のもつ治癒力を高めることが非常に重要です。
    このブログでは主に光線療法について、
    日光を浴びることの重要性について綴っていきます。

心臓・血管・血液の病気治療報告狭心症・心膜炎・心筋梗塞。その他の心疾患