やけどによる右手のケロイドが軽快した

 東京都/38歳・女性・主婦

 私は、現在45歳になる主婦です。光線療法との出会いは、7年ほど前のことでした。

 忘れもしない6月10日の夕方、夕飯の支度中に、熱くなっていた天ぷら油を誤って右手にこぼし、大やけどを負ってしまいました。

 右手は熱さで真っ赤になり、みるみる腫れ上がり、救急車で病院に駆け込みました。やけどの程度もひどく、20日間ほど入院しました。 

 退院後も10日間ほど通院し、腫れや痛みはだいぶ引いたものの右手の皮膚は赤黒く変速して、手首や手の甲はあちこちケロイド状になり、引きつれていました。指や手首も思うように動かせませんでした。

 病院の先生には、「やけどの痕やケロイドは治せないから、あとは指や手首を動かすリハビリをするしかありません」と言われました。

 恐ろしく酷くなってしまった自分の手は、もう治らないのだろうと、気持ちが大きく落ち込んでしまいました。

 そんな折、知人に「ケロイドに効くかどうかわからないけど、やけどには光線療法がとってもいいわよ」という話を聞き、2週間ほど知人のところに通って、光線照射を続けました。

 最初はよくわかりませんでしたが、照射を続けるうちに黒かった皮膚はピンク色に変わってきました。とくに火傷の軽かったところは、正常な皮膚の色に変化してきて、光線照射の効果に気がつきました。

 これは根気よく続ければ、もっと皮膚がきれいになるかもしれないと、とても希望が持てました。

 すぐに家庭用の光線治療器を求めて、自宅治療を始めました。治療用カーボンは、知人に効いて3001-3001番の組み合わせで、患部に1号集光器か2号集光器を使って、各10~20分間くらい照射を続けました。

 ケロイドの盛り上がりも、少し低くなってきた感じでした。2ヵ月間ほど自宅照射をして、貴付属診療所(光線研究所付属診療所)でも診察を受けましたが、照射法はそのままで問題ないとのことで、さらに根気よく照射をつづけました。

 赤黒くなっていた皮膚は、徐々に正常な皮膚の色に近づき、ケロイド部もさらに盛り上がりが少なくなりました。指や手首の動きも、日常生活に支障ないほど回復しました。

 現在、光線療法を始めて7年になります。やけどのケロイドは残っていますが、やけどの痕はかなり目立たなくなっております。

 「やけどで酷くなった手は、もう治らない」とあきらめかけていたのが、光線療法に出会うことによって、ここまできれいになって、大変感謝しています。

(財)光線研究所「可視総合光線療法・治療報告と症例集」黒田一明著

中央林間うえだ鍼灸院

 

kiichiro2
  • 大和市中央林間で鍼灸院・光線療法院をやってます。
    慢性疾患をよくするためには、
    自己のもつ治癒力を高めることが非常に重要です。
    このブログでは主に光線療法について、
    日光を浴びることの重要性について綴っていきます。

治療報告湿疹・乾癬・やけど・円形脱毛症・シミ・白斑・皮膚のカサカサ皮膚の病気