顔のイボが手術せずに消失してしまった

 東京都/49歳・女性・声楽家

 光線療法に出会ったのは、10年ほど前、卵巣の炎症で腹痛が起こったとき、友人に勧められたことがきっかけです。そのとき、病院で処方された薬は服用すると胃が悪くなるので、服用できませんでした。また、長年の肩こりや頭痛にも悩まされていましたが、飲み薬を副作用が強くでるので、やはり使うことができない状態でした。

 そこで、友人に勧められた光線療法を行いました。光線照射でからだが温まるとともに、腹痛や頭痛、肩こりも楽になりました。それ以来、光線療法を健康管理のために役立ててきました。

 その後は光線療法のお陰で、大きい病気もせずに元気に暮らしていましたが、49歳になったころ、顔にホクロのようなイボができました。家庭医学書で調べると、いわゆる中高年になるとできてくる老人性のイボのようでした。手術で簡単にとれるように書いてありましたが、顔に傷が残ったりするのがいやで、病院には行きませんでした。市販のイボがとれる薬をつけてみましたが、かゆみも出てきたので、即刻中止しました。

 そこで、長年活用してきた光線療法で、イボも治るのではと思い、治療用カーボンの3001-3002番や3000-3002番を使用して、イボの部分に光線を照射しました。3002番を使用して、イボの部分に光線照射しました。かゆみのほうは治りましたが、イボのほうは変化がなく、貴付属診療所(光線研究所付属診療所)を受診して、ちゃんとした指導を受けました。イボと腰痛、肩こりの光線照射を含めて、次の指導を受けました。

 治療用カーボンは3001-3001番を使用し、両足裏部⑦・両足首部①・両膝部②・腰部⑥(以上集光器使用せず)各10分間、後頭部③(1号集光器使用)5分間、顔のイボ部(3号集光器にガラス管使用)15分間照射。

 光線照射を1ヵ月間行ったところ、イボは逆に少し大きくなった感じで、かゆみや赤みも出てきて、一時は不安になりましたが、根気よく3ヵ月間くらい光線照射を続けました。イボはだんだん丸く固まってきた感じで、さわるとグラグラ動くようになってきました。

 そして、ある日、血も出ず、痛みもなく、痕形もなくポロッととれてしまいました。少々根気はいりましたが、手術もせず、痕も残らず、きれいにイボがとれて、光線療法の効果に改めて驚かされました。

(財)光線研究所「可視総合光線療法・治療報告と症例集」黒田一明著

中央林間うえだ鍼灸院

kiichiro2
  • 大和市中央林間で鍼灸院・光線療法院をやってます。
    慢性疾患をよくするためには、
    自己のもつ治癒力を高めることが非常に重要です。
    このブログでは主に光線療法について、
    日光を浴びることの重要性について綴っていきます。

水虫・ひょう疽・イボ・ニキビ・ウオノメ治療報告皮膚の病気