乾癬が3ヵ月で完治。肝機能も正常化

【治験症例 13】

 乾癬

 69歳・女性・農業

◆症状の経過

 7年前より、左乳下部に直径5cmほどの赤い湿疹が繰り返し現れていた。その都度、ステロイド塗布薬で治していた。もともと肉や甘いものが大好きで、体重は66kgあった。脂肪肝が指摘されるようになったころから湿疹が全身に広がり、町立病院で乾癬と診断された。

 健康食品の摂取や食事療法を行ったが改善せず、またかゆみが強く睡眠が妨げられる状況にあった。

 毎朝シーツについた鱗屑(りんせつ)の掃除が大変で、その様子を見かねた親戚の紹介により、当付属診療所(光線研究所付属診療所)を受診した。

◆光線治療

 治療用カーボンは4000-4009番を使用し、両足裏部⑦・両膝部②・腹部⑤・腰部⑥および背中部・胸部・右肘部の皮疹患部(以上集光器使用せず)各10~15分間、後頭部③(1号集光器使用)5分間照射。

◆治療の経過

 光線治療1ヵ月で鱗屑が減少し、かゆみが緩和したので、熟睡が可能となった。

 治療2ヵ月後、食事療法と光線治療で体重が4kg減り、肝機能も正常化した。乾癬は3ヵ月で完治した。

(財)光線研究所「可視総合光線療法・治療報告と症例集」黒田一明著

中央林間うえだ鍼灸院

kiichiro2
  • 大和市中央林間で鍼灸院・光線療法院をやってます。
    慢性疾患をよくするためには、
    自己のもつ治癒力を高めることが非常に重要です。
    このブログでは主に光線療法について、
    日光を浴びることの重要性について綴っていきます。

湿疹・乾癬・やけど・円形脱毛症・シミ・白斑・皮膚のカサカサ症例皮膚の病気