アトピー性皮膚炎と光線療法 3

 ●皮膚の症状は、本来「治す」働き

 従来の医学は、アトピー性皮膚炎を単なる皮膚の病気ととらえ、その病変(炎症)を抑えるための対症療法を中心に進められてきたが、残念ながらその成果は上がっていない。

 本来、アトピー性皮膚炎の炎症は、異物を体外に排出する反応であり、ある意味では生体が(自然)治癒しようとしている反応である。したがって、直接その病変(炎症)の除去、すなわちこの自然な治癒反応を抑えようとする治療は、すべて逆効果をもたらすことになる。

(財)光線研究所「可視総合光線療法・治療報告と症例集」黒田一明著

中央林間うえだ鍼灸院

kiichiro2
  • 大和市中央林間で鍼灸院・光線療法院をやってます。
    慢性疾患をよくするためには、
    自己のもつ治癒力を高めることが非常に重要です。
    このブログでは主に光線療法について、
    日光を浴びることの重要性について綴っていきます。

アトピー性皮膚炎コラム光線療法