子どものころからのアトピー性皮膚炎が改善

【治験症例 4】

 アトピー性皮膚炎

 20歳・女性・大学生・/身長155cm・体重49kg

◆症状の経過

 生まれてすぐアトピー性皮膚炎があり、3歳時に母親とともに当付属診療所(光線研究所付属診療所)を受診し、光線治療を始めた。光線治療を続けたところ、小学校入学前にはアトピー性皮膚炎の症状が改善した。 

 その後、中学入学時にアトピー性皮膚炎が再発したので、皮膚科での処方薬を塗布していたが、まったく症状の改善がなく、18歳時、光線治療のため当所を再診した。

◆光線治療

 治療用カーボンは3000-3002番の治療用カーボンを使用し、両足裏部⑦・両足首部①・両膝部②・腹部⑤・腰部(以上集光器使用せず)・左右肘内側・左右咽喉部④(以上2号集光器使用)各5分間照射。

◆治療の経過

 ステロイドの塗り薬は中止し、保湿剤のワセリンのみをつけながら、自宅で光線治療を継続した。 

 足の冷えが軽度であったせいか、治療1ヵ月でほぼよくなり、その後はアトピー性皮膚炎症状が多少出ることもあったが、さらに光線照射を続けたところ、治療2年で完治した。

(財)光線研究所「可視総合光線療法・治療報告と症例集」黒田一明著

中央林間うえだ鍼灸院

 

 

kiichiro2
  • 大和市中央林間で鍼灸院・光線療法院をやってます。
    慢性疾患をよくするためには、
    自己のもつ治癒力を高めることが非常に重要です。
    このブログでは主に光線療法について、
    日光を浴びることの重要性について綴っていきます。

アトピー性皮膚炎症例皮膚の病気