踏み台から落ちて折れた骨が完治

【治験症例 6】

 右橈骨遠位端骨折

 65歳・女性・会社員/身長150cm・体重51kg

◆症状の経過

 自宅の台所で、棚の上のものをとろうとして踏み台の上から落ち、右橈骨遠位端を骨折 した。

 骨折部位を針金で固定してから、ギプス固定していた。以前より「骨粗鬆症傾向あり」と診断されていたこともあり、2ヵ月間経っても骨のつきが悪かった。

 手指の動きも悪く、むくみも強かったため、医師からは腸骨移植手術を勧められていた。知人より光線療法を紹介され、当付属診療所(光線研究所付属診療所)を受診した。

◆光線治療

 治療用カーボン3001-4008番を使用し、両足裏部⑦・右肩部⑩・両手指部(手のひら側・手甲側)各10分間、両膝部②・後頭部③各5分間、右手首部 (手のひら側・手甲側) 各20分間照射。⑦②以上集光器使用せず、⑩両手部・右手首部以上1号集光器使用。

◆治療の経過

 右腕をギプス固定してたせいで、右肩こりも強かったので、右肩部⑩も治療した。治療開始1ヵ月間は、1日2回照射した。その結果、手指のむくみもなくなり、手術痕の傷もきれいになった。レントゲン検査で骨に再発が見られたため、手術は行わず経過観察となった。

 光線治療を始めたてからは、リハビリも順調に行うことができた。6ヵ月後には、手首、手指とも違和感がなく動かせるようになり、握力も受傷前と同じレベルになり、完治と診断された。

 現在、光線治療後4年経過しているが、後遺症もなく日常生活にもまったく支障はない。

(財)光線研究所「可視総合光線療法・治療報告と症例集」黒田一明著

中央林間うえだ鍼灸院

kiichiro2
  • 大和市中央林間で鍼灸院・光線療法院をやってます。
    慢性疾患をよくするためには、
    自己のもつ治癒力を高めることが非常に重要です。
    このブログでは主に光線療法について、
    日光を浴びることの重要性について綴っていきます。

捻挫・打撲・創傷・骨折・骨の変化整形外科系症例骨・関節の病気