右下肢のしびれが光線療法で8割方改善

 東京都/72歳・女性・主婦

 私は、72歳を迎えた女性です。1年ほど前のことですが、右足の膝から下にしびれが出てきました。

 かかりつけの医師からは「以前からあった腰痛が関係しているのではないか」と言われました。次に受診した整形外科では、電気治療やしびれをやわらげる注射をしてもらい、薬もいただいておりました。しかし、あまり改善がみられず、胃を悪くしたので薬を中止し、湿布薬だけで様子を見ることにしました。

 しびれが少ないときでも、足底に1枚皮が多くついているような違和感がありました。しびれは日ごとに強くなり、5分と続けて歩けない状態になってしまいました。患部を冷やすとしびれが強くなり、かといって逆にお風呂に入ったり、布団に入って温まってもしびれが強くなるありさまで、どうにも熟睡できない状態でした。

 強いしびれで歩き方が悪くなり、もともとあった外反母趾もひどくなりました。歩行時によくつまづくため、外出は人での多い時間や場所は避けておりました。また、右足をかばって歩くため、左足と腰にも軽い痛みとしびれが出始めました。ひとり暮らしの私は、今後、外出もできなくなるのではないかと、とても不安でした。

 こんなとき、久しぶりに会った友人から光線療法の話を聞き、光線療法で症状が軽くなると勧められたので、すがる思いで貴付属診療所(光線研究所付属診療所)を受診しました。

 貴所(光線研究所付属診療所)での光線照射は、治療用カーボン3002-4008番を使い、両足首部①・両膝部②・腹部⑤・腓腹筋部㉙・後大腿部㉚・腰部⑥・腹部⑤以上集光器使用せず、後頭部③1号集光器使用で照射。照射時間は⑦㉙㉚⑥は各10分間、そのほかは各5分間の照射でした。

 休み休みであれば何とか歩けるので、しばらくの間は貴所(光線研究所付属診療所)に電車やタクシーを利用して週2~3回通院しました。光線照射では足が温まっても、入浴や布団の中のようにしびれが強くならず、気持ちがよいので不思議でした。

 貴所(光線研究所付属診療所)の先生からは、私の歩き方、姿勢、性格を御覧になって、「つらくても、なるべく姿勢をよくする意識を持つように、あまり心配しすぎないように心がけてください。その上でしっかりと光線療法を行えば、きっと楽になってきます」と力強い言葉をいただきました。

 光線照射を始めて3回目に、右足のしびれは少し軽くなり、照射を続ければよくなりそうな希望が見えてきました。照射10回目には光線が体の中にしみ込むような気がして、足底に温かさを感じるようになりました。朝方右足が軽く、すっきりと起きられるようになり、日中もからだが軽く感じられるようになりました。また左足と腰の状態もだいぶよくなってきました。

 照射15回目には、右足のしびれが軽くなり、悩んでいた便秘も知らないうちに改善しました。照射20回目、右足のしびれがさらに軽くなり、JR新大久保駅から貴所(光線研究所付属診療所)に通うのに、途中休まずに12分で行けるようになりました。最初のころ、3~4回目休みながら歩いていたことが嘘のようです。 

 また、風呂に入っても、布団に入ってからもしびれが出ず、よく眠れるようになりました。照射40回目、右足のしびれが8割方よくなり、約1時間は歩けるようになってきました。

 さらに、うれしいことに知り合いから、以前より背中が伸びているようだと言われました。整形外科の治療でもなかなかよくならなかったしびれが、光線療法で改善し、本当に喜びでいっぱいです。

(財)光線研究所「可視総合光線療法・治療報告と症例集」黒田一明著

中央林間うえだ鍼灸院

kiichiro2
  • 大和市中央林間で鍼灸院・光線療法院をやってます。
    慢性疾患をよくするためには、
    自己のもつ治癒力を高めることが非常に重要です。
    このブログでは主に光線療法について、
    日光を浴びることの重要性について綴っていきます。

上肢と下肢の痛み・しびれ・腫れ整形外科系治療報告