両下肢の痛みと腫れが光線療法で治癒した

 愛知県/75歳・女性・主婦

 今年の冬、温泉旅行の準備をしていたとき、両膝と両足裏に痛みが起こり、急に立ちあがれなくなって、どうにもならず旅行を中止しました。

 孫を背負ったり抱えたりと、足や腰に相当負担をかけたことが、痛みの原因ではないかと思います。早速、鍼灸マッサージ治療院へ通い、鍼と灸の治療を受けましたが、あまり効果が見られませんでした。

 そのうち、からだ全体がだるくなり、膝や足首、足の甲の腫れが強くなってきたため、整形外科を受診したところ、「膝関節の変形がひどく、透過現象によるもので治りにくい」と言われました。整形外科で電気治療や薬の処方を受けましたが、あまり改善が見られませんでした。

 痛みのために、床についている時間が多くなりました。立ち上がるときなど、両膝や足裏を中心に下肢全体が痛くなりました。駅や病院では階段の昇降も難儀で、やっとの思いで外出しておりました。また、立ったり座ったりもつらく、家の様式トイレでも苦労しました。外出時の和式トイレでは、周囲につかまりながら、やっと使用するありさまでした。大好きな入浴も、家族の介護が必要な状態でした。さまざまな民間療法や健康器具も治りたい一心で、よいと聞けば何でも実行しましたが、改善が見られませんでした。

 

6年前に求め、皮膚病、五十肩への照射に使っていた光線治療器を思い出し、貴付属診療所(光線研究所付属診療所)へ相談しました。

 治療用カーボンは3001-4008番を使用し、両足裏部⑦・両足首部①・両膝部②・腰部⑥を各10分間、後頭部③・左右咽喉部④を各5分間照射しました。⑦①②⑥は集光器使用せず、③は1号集光器、④は2号集光器使用を使用しました。

 貴所(光線研究所付属診療所)の指導どおりに照射したところ、約1ヵ月後には両膝の痛みが軽くなり、立ち座りがずいぶん楽になりました。とくに立ち上がりがつらかったのに、すんなりと立ち上がれるようになりました。

 照射1ヵ月半後、外出時に和式トイレを使用しても、苦労せず立ち上がれるようになりました。また、階段の昇降も手すりを使わずできるようになりました。

 照射2ヵ月後、足の甲の腫れもすっかり引き、長く歩いても痛みがなく、普通の靴が履けるようになりました。孫の世話も、無理のない程度に楽しく行えるようになりました。貴所(光線研究所付属診療所)で指導された大腿部の筋力アップ運動を実行したこともよかったと思います。入浴も家族の手をわずらわせることなく、好きな時間に好きなだけは入れる幸せをかみしめております。

 両膝と両足裏の痛みで中止していた温泉旅行も、近く出かける予定でおります。これからも光線療法を続けながら、あちこち旅行に出かけて余生を楽しみたいと思います。さまざまな治療でも改善が見られなかった症状が、光線療法ですばらしく回復することができました。

 光線治療器と貴所(光線研究所付属診療所)の先生に心から感謝しております。

(財)光線研究所「可視総合光線療法・治療報告と症例集」黒田一明著

中央林間うえだ鍼灸院

kiichiro2
  • 大和市中央林間で鍼灸院・光線療法院をやってます。
    慢性疾患をよくするためには、
    自己のもつ治癒力を高めることが非常に重要です。
    このブログでは主に光線療法について、
    日光を浴びることの重要性について綴っていきます。

上肢と下肢の痛み・しびれ・腫れ整形外科系治療報告骨・関節の病気