アキレス腱の縮みが改善し、踵痛が消退

【治験症例 9】

 右踵痛

 72歳・女性・主婦/身長153cm・体重72kg

◆症状の経過

 71歳ごろから、右踵の痛みが出始めた。受診した病院の検査で、骨棘(靭帯付着部や関節面から骨が増殖し、棘状になっているもののこと)があると診断された。鎮痛剤を処方されたが、あまり効果がなく、最近は杖を使わなければ歩けない状態だった。

 その前年、70歳時に左乳ガン(初期)全摘術を受けたが、術後からだを動かすことが減っていたため、2年間で体重が10kg増えていた。左腕痛もあった。

◆初診時の所見

 痛みのある右足裏は硬く、右踵からアキレス腱、ふくらはぎ(腓腹筋)にかけて緊張が強かった。常に右アキレス腱部が痛み、踵が引っ張られる状態だった。

 術後の体重増のため、右下肢に負荷がかかったことも、痛みの要因と考えられた。

◆光線治療

 できる範囲でよくからだを動かすように指示し、体重を減らすように努力してもらった。光線治療ごとに右踵の痛みは軽減し、治療5回目でほとんど痛みは消退し、踵周辺に圧迫が残るのみとなった。右アキレス腱の伸びも改善した。

 光線治療10回目で、杖を使用せずに歩行できるようになった。体重も70.3kgまで減った。

(財)光線研究所「可視総合光線療法・治療報告と症例集」黒田一明著

中央林間うえだ鍼灸院 

kiichiro2
  • 大和市中央林間で鍼灸院・光線療法院をやってます。
    慢性疾患をよくするためには、
    自己のもつ治癒力を高めることが非常に重要です。
    このブログでは主に光線療法について、
    日光を浴びることの重要性について綴っていきます。

上肢と下肢の痛み・しびれ・腫れ整形外科系症例骨・関節の病気