座るのも、横になるのもつらい左股関節痛が改善した

 東京都/67歳・女性・主婦

 私はひとり暮らしの女性です。1年ほど前から、左股関節に痛みが現れました。しばらく様子を見ていましたが、痛みは悪化する一方でした。近所の鍼灸、整体で治療を数ヵ月受けましたが、改善は見られませんでした。

 整形外科医院で検査を受けたところ、「先天的に左股関節のはまりが浅く、歳をとって筋肉が落ちて、痛み出したんでしょう。いまは手術の必要はないが、将来は手術するようになる可能性が高い」と言われました。

 立ったり座ったりするのも苦痛でした。とくに仰向け・横向きの姿勢で寝ると、痛みのために夜間何度も目が覚めました。また、若いころより、冷え症、不眠、便秘にも悩まされておりました。

 こんな体調で困っていましたが、以前に母が光線療法で膀胱炎を治したことを思い出し、自分も光線療法を試してみようと、貴付属診療所(光線研究所付属診療所)を受診しました。

 治療用カーボンは3001-4008番を使用し、両足裏部⑦・腰部⑥・左臀部⑭・左下腹部㉓を各10分間、両足首部①・両膝部②・腹部⑤を各5分間照射しました。⑦①②⑤⑥は集光器使用せず、⑭㉓は1号集光器使用して、貴所(光線研究所付属診療所)で光線照射を受けました。

 初診時は横になるのがつらく、照射は座って受けましたが、光線は大変気持ちがよく、帰り道には足の運びが楽になったような気がしました。その後は自宅で毎日照射しながら、ときどき貴所(光線研究所付属診療所)での照射を受けました。照射2週間後、歩行時の痛みはほぼなくなりましたが、睡眠時に寝返りを打つと、痛みと違和感で目が覚めました。

 照射1ヵ月後、2時間くらい歩いても腰が少し重いものの、股関節痛は出ません。横向きに寝るときは痛みと違和感があり、立ち座り時にも多少痛みを覚えました。

 照射1ヵ月半後、初診時につらかった靴下をはく姿勢も、支障なくはけるようになりました。椅子にも普通に座れ、立っていてもあまり苦痛でなくなりました。

 照射3ヵ月後、横向きで寝る姿勢でも痛みや違和感も気にならず、歩行も快適になりました。思い切って海外旅行にも行き、楽しく過ごすことができました。先日、整形外科の先生から、「股関節周辺に筋肉がだいぶついた。この調子なら、将来手術は不要です」と言われました。冷え症、不眠、便秘の悩みからも解放されました。

(財)光線研究所「可視総合光線療法・治療報告と症例集」黒田一明著

中央林間うえだ鍼灸院

kiichiro2
  • 大和市中央林間で鍼灸院・光線療法院をやってます。
    慢性疾患をよくするためには、
    自己のもつ治癒力を高めることが非常に重要です。
    このブログでは主に光線療法について、
    日光を浴びることの重要性について綴っていきます。

整形外科系治療報告股関節の痛み・しびれ、下肢・足の痛み骨・関節の病気