筋骨格系障害と光線治療

 21世紀は、世界的に高齢化社会がますます進行すると予測されている。このため、腰痛、関節痛、骨粗鬆症、脊椎疾患、リウマチなど、筋骨格系の障害に対するヘルスケアが、今日の現実的な重要課題となってきている。

 近年話題の最先端医学も重要だが、筋骨格系障害には自然治癒力を介した治療が重要で、自然治癒力を無視した治療は、いわば対症療法にすぎない。自然治癒力を支援するには、光・熱エネルギーの供給、すなわち血流改善を基本認識としなければ、これら筋骨格系障害の改善は望めない。可視総合光線療法は、数々のすぐれた作用で自然治癒力を助け、筋骨格系障害の改善や予防にも役立ち、ひいては高齢者の健康で自立した生活を支援することになる。

(財)光線研究所「可視総合光線療法・治療報告と症例集」黒田一明著

中央林間うえだ鍼灸院

kiichiro2
  • 大和市中央林間で鍼灸院・光線療法院をやってます。
    慢性疾患をよくするためには、
    自己のもつ治癒力を高めることが非常に重要です。
    このブログでは主に光線療法について、
    日光を浴びることの重要性について綴っていきます。

コラム光線療法整形外科系脊椎の病気骨・関節の病気高齢者