テニス肘・踵痛が完治し、ガングリオンが縮小した

 東京都/53歳・女性・主婦

 10数年前、転倒して腰椎を骨折した後あたりから、背中や肩、頚のこりに長年悩まされてきました。 

 昨年友人の勧めでテニスを始め、肩や頚のこりはよくなってきましたが、俗にいうテニス肘で右肘の痛みや左踵の痛みが出てきました。とくに踵痛のほうは、歩き始めが強く、歩けないほど痛くなるときもありました。

 3ヵ月ほどいろいろな治療をしましたが、一向によくなりません。そんな折、行きつけの自然食品店で光線療法を紹介されたので、早速貴付属診療所(光線研究所付属診療所)を受診し、通院して治療を始めました。

 また、白内障もあって、左眼はややまぶしさも感じていたので、眼の治療も行ってもらいました。

 治療用カーボンは3001-4008番の治療用カーボンを使用し、両足裏部・両足首部・両膝部・腓腹筋部・腹部・腰部(以上集光器使用せず)・頚椎下部・右後肘部(1号集光器使用)、眼部を治療器4台で各10~15分間の光線照射をしてもらいました。

 光線照射は大変気持ちがよく、1日おきにせっせと通院しました。照射数回で日中の踵の痛みがなくなり、朝方のみになりました。肘痛は照射10回ほどで完治し、テニスをするにも支障がなくなりました。

 光線療法のすばらしい効果がわかったので、家庭用の治療器を求め、自宅でも毎日治療したをしました。自宅では両足裏のみの照射で、それだけで気持ちよく眠ってしまうので、あちこち照射はできませんでした。

 それでも体調はすこぶるよくなり、4~5ヵ月照射を続けたころには、痛むところはまったくなくなりました。お陰さまで長年の背中・肩・頚のこりもとれ、からだが軽く大変動きやすくなりました。

 白内障でまぶしさを感じていた左眼も、まぶしさを感じることが少なくなりましたから、眼に効果があったようです。いまも光線治療を続けており、その後はずっと良好な体調を維持しています。

 また先月、左手首のグリグリしたふくらみに気づき、すぐに病因で診てもらいました。ゼリー状のものが溜まってふくれたもの、それがガングリオンだそうですが、幸い悪性ではありませんでした。手術で簡単にとれると勧められ、手術を予約させられましたが、光線療法が効果があるのではと貴所(光線研究所付属診療所)の指導を受けました。

 治療用カーボン3001-4008番を使用して、患部へ3号集光器(ガラス管付き)で10~20分間の照射を追加し、さらに照射を続けました。照射数回でしこりが小さくなった感じがあったので、気をよくして幹部は毎日30分間あまり光線照射を続けました。

 2週間くらい照射を続けましたところ、見た目でほとんどわからないほど縮小したので、改めて病院でも診てもらたところ、とうとう手術は必要なくなりました。

(財)光線研究所「可視総合光線療法・治療報告と症例集」黒田一明著

中央林間うえだ鍼灸院

kiichiro2
  • 大和市中央林間で鍼灸院・光線療法院をやってます。
    慢性疾患をよくするためには、
    自己のもつ治癒力を高めることが非常に重要です。
    このブログでは主に光線療法について、
    日光を浴びることの重要性について綴っていきます。

手・肘の病気整形外科系治療報告骨・関節の病気