交感神経緊張 1

可視総合光線療法の温熱と光の作用の一つに、交感神経緊張を和らげる働きがあります。交感神経の緊張が緩和されると、局所および全身の血流が良好になって、次のように種々の症状が改善されていきます。

・手足の冷えが改善された。

・からだが温かくなった。

・寝汗をかかなくなった。

・よく眠れるようになった。

・食欲が出てきた。

・便秘・下痢が改善された。

・疲れが軽くなった。

・活気が出てきた。

・風邪をひかなくなった。

可視総合光線療法でみられた、こうした症状の改善と同じような結果が、ペイン(痛み)クリニックにおける神経ブロック療法において認められています。

(財)光線研究所「可視総合光線療法・理論と治験」黒田一明著

中央林間うえだ鍼灸院

kiichiro2
  • 大和市中央林間で鍼灸院・光線療法院をやってます。
    慢性疾患をよくするためには、
    自己のもつ治癒力を高めることが非常に重要です。
    このブログでは主に光線療法について、
    日光を浴びることの重要性について綴っていきます。

内科系